aska



ASKAさんは覚醒剤を使用していない?では、なぜ覚醒剤陽性反応が出たのか?それはADHDの治療薬のメチルフェニデートによる可能性がでてきました。このメチルフェニデートの服用による影響、また、ASKAさんのADHDの可能性について調査してみました。


ASKAはADHD?

回のASKAさんからの覚醒剤陽性反応は、ADHDの治療薬である、メチルフェニデートの影響である可能性が高いです。もしメチルフェニデートの影響であれば、ASKAさんはADHDという可能性が浮上してきます。

今回の事件で、ASKAさんの覚醒剤使用の疑惑もさることながら、ADHDなのでは?という新しい秘密が発覚してしまいましたね。逮捕前の一連の行動はこのADHDによるものだったのでしょうか?それとも覚醒剤の後遺症を緩和するためにメチルフェニデートを使ったのでしょうか?真相はハッキリしません。


メチルフェニデートの効果

メチルフェニデートは米国では、頭の良くなる薬と言われています。これは、頭が実際に良くなるということではないです。頭の働きを一時的に高めるというものです。これを使用すると、覚醒剤反応が検出されることがあります。

メチルフェニデートが原因でASKAさんに覚せい剤陽性反応が出た可能性もありますね。もしそうだとしても、メチルフェニデートは日本では禁止です。輸入してはいけません。どちらにせよ、よろしくないですね。

まとめ

ASKAさんの覚醒剤陽性反応は、メチルフェニデートによるものという可能性も否定できないです。覚せい剤の後遺症か、それともADHDか、このどちらかの理由で、ASKAさんはメチルフェニデートを服用する必要があったのかもしれません。

関連記事
お茶で尿検査の覚せい剤陽性反応がでる?

関連記事