aska



覚醒剤使用の容疑で逮捕されていたASKAさんが、12月19日に不起訴処分で釈放されています。この件で、事前にASKAさんから検出されたと言われる陽性反応が警察の捏造だったのでは?と取り沙汰されています。警察の捏造という観点から事件の流れをまとめてみました。


ASKA不起訴!証拠不十分

一度は覚せい剤の陽性反応が出て、警察に逮捕されたASKAさん。しかしその後、不起訴処分となっています。事前に実施していた尿検査に不備があったためでした。ASKAさんが、尿検査に提出した尿に、お茶を混ぜてしまったという告白をしたためです。それにしても、お茶から覚せい剤反応?なんだか腑に落ちないです。

お茶で尿検査の覚せい剤陽性反応がでる?


尿検査の結果は警察の捏造?

ASKAさんの不起訴処分の決め手となった、証拠不十分。尿検査に使用した検体(尿)が無くなったということが原因です。そのうえ、ASKAさん自身の「尿検査の尿にお茶を混ぜた」という発言がトドメをさしました。

この一連のながれなんですが、やっぱり腑に落ちない。まず冷静に考えてお茶から覚せい剤反応が出るわけないですよね。そして、最初の覚醒剤反応がでた!という警察の第一報はなんだったのでしょうか?

私が思うに・・・

  1. 警察がASKAさんから提出の尿に覚せい剤を仕込む
  2. 実はお茶でした
  3. お茶から覚せい剤反応が出るわけない!捏造がばれたらやばい!検体をすてろ!

というのはナシでしょうか?まあ一方的に警察の捏造だなんだと今の段階で騒ぎ立てるのはマズイですけども、なんだか勘ぐってしまいます。

まとめ

まさかの警察の捏造疑惑も浮上してきた、今回のASKAさんの覚醒剤使用疑惑の事件。一体どのように収束するのでしょうか?ASKAさんは前科がありますから、警察も安易にはマークを緩めないでしょう。ASKAさんも今後は、怪しい行動などせずに、再度音楽に真剣に向かって欲しいですね!

関連記事
ASKAがADHD?メチルフェニデートの治療が陽性の原因?

こちらのページも読まれています