ホルモン大好き!焼肉大好きのコブチャンが送る!テレビ情報メインの雑記!

コブチャンコム!

未分類

アーミッシュのTレグで、アレルギー改善!家庭の医学12月20

更新日:





%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5





12月20日のたけしのみんなの家庭の医学では、過剰なアレルギー反応を抑制するTレグ細胞について特集しています!このTレグ細胞を多くもつアーミッシュという民族から、Tレグ細胞を増やす秘密が発見されています!

Tレグ細胞とは?

Tレグ細胞とは、別名「制御性T細胞」とも呼ばれています。過剰なアレルギー反応を抑制する効果があります。たとえば、花粉症のひとは、花粉が体内に入った時は、免疫機能が過剰にはたらいて、くしゃみや鼻水などを伴います。

Tレグ細胞がうまく機能すれば、この過剰なアレルギー反応を抑制できます!では、さっそくTレグ細胞の増やし方を見てみましょう!

Tレグを増やす方法!

このTレグ細胞を増やすには、アレルギーの原因物資をあえて、摂取するという方法があります。過去には、ピーナッツアレルギーの子どもに対して検証が行われています。このアレルギーの子どもに、あえて、少量ずつピーナッツを与えることで、Tレグ細胞が増えたという例もあります。

また、後述しますが、アーミッシュという先住民族にはTレグ細胞が多いという研究成果も出ています。そのアーミッシュの生活には、Tレグ細胞を増やす、重大なヒントがありました。

アーミッシュのTレグの秘密

アーミッシュは、生まれながらにして、家畜などと共に生活しています。また、生活の殆どを大自然の中で、自給自足により生活しています。それゆえに、幼いころから、あらゆる菌に対して免疫力が強いという可能性があります。

アーミッシュの例を見ると、あまり清潔すぎる環境で過ごしても、かえってアレルギーが強まる可能性を感じますね。子どもの外遊びは、Tレグ細胞を増やす上でも非常に重要なのかもしれませんね。





-未分類

Copyright© コブチャンコム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.