急増するLINEの乗っ取り。その対応方法をご紹介します。巧妙化するLINE乗っ取りの手口を知って、アカウント乗っ取り被害に合わないようにしましょう!


LINE乗っ取りの対応方法


では、さっそくLINE乗っ取りへの対応方法をご紹介します。

乗っ取り被害に絶対に合わない方法は、ID、パスワード、認証番号を絶対に外部に漏らさない事です。

LINEの乗っ取りの手口で多いのは、友人や知人を装って、電話番号やパスワード、ID、認証番号を抜き取っていく方法です。

いくら気心の知れた友人からの連絡でも「電話番号教えて」とか、「LINEのID教えて」という連絡が来ても、絶対に対応してはいけません。



LINEが乗っ取られたら

LINEが乗っ取られたときの対処方法をご紹介します。

LINEが乗っ取られて、LINEを起動した時に「他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます」と表示されたら、まだ救いはあります。

ログイン中の端末のリストが出ますので、その横のログアウトボタンを押します。そしてその後、パスワードを変更すれば、乗っ取り回避できます。これは、乗っ取り後すぐに気づいて対処できた場合です。

もし、ログインできずにパスワード変更できなければ、乗っ取りから奪い返すのはかなり難しくなります。

LINE公式の「LINEの問題報告フォーム」への問い合わせにより対処してもらうしかありません。

LINE乗っ取りの手口

最近多いLINE公式を装った、LINE乗っ取りの手口の詳細です。

  1. メールやトークでリンクが貼られた連絡がくる
  2. リンクを踏むとログイン画面が出ます。ここで、IDやパスワードを入力してしまうと、そのまま盗み取られます。

このように公式を装ってきますので、結構ダマされやすいです。周りの人に注意喚起をしてあげましょう!実際にLINE公式も乗っ取りに対する注意喚起を出しています。

LINE乗っ取り 注意喚起!乗っ取りの手口を暴露!

LINE公式メールのドメイン一覧

参考までにLINE公式が使っているドメイン(@以降の部分)の一覧です。このドメイン以外は完全に乗っ取りのメールですので、相手にしないでください!

@accept.line.me
@naver.jp
@line.me
@noti.naver.jp

なぜLINEが乗っ取られる?

そもそも、LINEが乗っ取られるのは、IDやパスワード情報が外部に漏れるからです。

今回のように、LINE公式を装って、IDとパスワードを抜き出す方法が最近多いです。さらに、友人や知人を装って、認証番号を抜き出す方法も出回っています。

LINE乗っ取り 注意喚起!乗っ取りの手口を暴露!

上記のリンク先の記事で、乗っ取り方法を説明しています。

簡単に説明すると、

  1. 友人から電話番号教えてとラインがくる
  2. その番号を元に、LINEアカウントが乗っ取られる。

という手口です。これは、絶対に気をつけてください。たとえ友人といえども、絶対に電話番号を教えないでください。

こちらのページも読まれています