ブリスベン国際2017で、ワウリンカ(世界4位)とラオニッチ(3位)は共に、準決勝で敗退しています。この結果、ATP世界ランキングの結果はどうなっているのでしょうか?ブリスベン国際で獲得できるポイントを調査し、まとめてみました。


ブリスベン国際の獲得ポイント

まず、ブリスベン国際で獲得できるポイントは以下の表のとおりです。

  • 優勝:250
  • 準優勝:150
  • ベスト4:90

です。


ワウリンカとラオニッチの順位変動【ブリスベン国際2017】

共に準決勝で敗退したワウリンカとラオニッチ。この結果を受けて二人の順位変動はどうなっているのでしょうか?

2017年1月2日現在のワウリンカとラオニッチ、参考までに錦織のポイントは、

  • ラオニッチ(3位):5450
  • ワウリンカ(4位):5315
  • 錦織圭(5位)  :4905

となっています。

これにとブリスベン国際の獲得ポイントを照らし合わせます。ラオニッチとワウリンカは共に90ポイント獲得で、順位変動なし。錦織は優勝しても、準優勝でも、5位のままです(決勝は17位のディミトロフ)。

結論

ブリスベン国際では、3~5位の間で順位の変動はありません!

現在5位の錦織は4位のワウリンカとは、410ポイントの差があります。優勝して250ポイント獲得しても、順位の逆転は無いですね。

関連記事