雑誌「anan」では、冬の温活ということで、体を温める事を特集していました。温活により、デトックス、便秘改善、生理痛を和らげるという効果があります。腸、子宮、肝臓に分けて、温活方法をご紹介します。


温活「腸」

ananの温活特集の一つ目は、腸の温活です。

腸の温活では朝ごはんをしっかり食べる事が推奨されています。特に豆、雑穀、野菜の食物繊維3兄弟をしっかりと取る事が推奨されています。

雑穀米なども近年注目されてきています。腸の温活には豆、雑穀、野菜のある朝ごはんをとりましょう!

こちらの動画は腰痛改善ですが、仙骨のあたりを治療しています。仙骨の場所を知る参考にどうぞ。



温活「子宮」

子宮の温活には、仙骨を温める事が重要です。

子宮温活により、生理痛や更年期障害の諸症状、冷え性などの症状が緩和できます。仙骨はお尻の上部にあります。割れ目の始まりのあたりですね。

よく女性が腹巻きなどをして、お腹や腰回りを温めているのは、非常に理にかなっているということですね。


温活「肝臓」

肝臓の冷えは全身の冷えにつながります。肝臓の温活法をご紹介します。

肝臓の温活で、冷えを解消することにより、代謝機能が向上します。今流行のデトックス効果が期待できるということですね。さらには便秘の解消にも役立ちます。

具体的な肝臓温活方法は、肝臓のあたりにカイロを貼る、腹巻きで温めるという方法があります。手軽なのは腹巻きダイエットですね。

ちなみに肝臓の位置はここです。

まとめ

温活により、全身をくまなく温めるというのは、非常に健康的な効果が高いのです。ぜひ取り組んでみましょう。

ananを購入すれば、しばらくは温活に夢中になれますよ!

こちらのページも読まれています