[ ]
1月13日の「その原因Xにあり」というテレビ番組で、豆乳甘酒ダイエットが紹介されていました。しかし、この豆乳甘酒ダイエット、ちょっとした間違いがある可能性があります。特に、「豆乳」を入れるというところが怪しいです。この豆乳はなぜ間違いなのか、そして、豆乳の代わりに入れるべきものとは?

[ ]

豆乳甘酒ダイエットとは?

豆乳甘酒ダイエットとは、甘酒と豆乳を混ぜたものを飲んで、代謝のアップを狙ったものです。この豆乳甘酒を朝食の代わりにする事で、ダイエット効果が期待できます。

他にも、甘酒を料理に混ぜたり、間食で取り入れたりして、ちょいちょい飲んでいれば効果的です。満腹感もあるので、かなり取り組みやすいダイエットとなっていますね。
[ ]

豆乳甘酒ダイエットは間違い?豆乳がNGな理由

代謝のアップ、満腹感を満たす、といった効果がある豆乳甘酒ダイエットですが、どうやらこの豆乳というのが、NGなのです。

豆乳NG!アンチニュートリエントとは?

元来豆類には「アンチニュートリエント」という栄養素の吸収を邪魔するものが入っています。水に浸けるととこの「アンチニュートリエント」は取り除かれます。

なので、大豆は、水を交換しながら徐々に「アンチニュートリエント」を取り除く作業が必要です。

しかし、豆乳は、この「アンチニュートリエント」が多量に含まれた水を使って作られています。それゆえに、せっかくの栄養素の吸収が阻害されてしまいます。

豆乳の代わりに甘酒に入れるといいもの2つ

豆乳の代わりとなる別の食品を甘酒にいれることで、ダイエット効果は維持できます。

それは、同じ豆類のアーモンドミルクと、ココナッツミルクです。これらは十分に豆乳の代用品として使えます。

もし、豆乳甘酒ダイエットに取り組むのであれば、アーモンドミルクと、ココナッツミルクを甘酒にいれてみてください!

関連記事