1月19日のアンビリバボーでは、ブルース・クックというアクロバティックライダーの話を特集します。


ブルース・クックの伝説

ブルース・クックは、ナイトロ・サーカスに所属するFMXライダーです。2012年にデビューし、世界初のダブル・フロント・フリップという大技に世界で初めて成功したライダーでもあります。

2014年に、ショーの最中の事故で下半身不随となってしまいますが、その後2年ほどで現在のショーに復帰しています。これがブルース・クックが伝説と呼ばれる理由ですね。



ブルース・クックの事故当時の様子

2014年にブルース・クックが事故を起こした時の様子です。着地と同時にぐったりしてしまっているのがわかりますね。

この着地失敗で、背中を強打して下半身不随となってしまいました。

復帰するブルース・クック

ブルース・クックの復帰時の様子です。下半身不随となっても、体をバイクに固定してショーを続けていますね。これはスゴイです。ここまでの情熱があるからこそ、ブルース・クックは伝説となったのですね。

こちらのページも読まれています