1月25日放送のガッテンでは、肺炎の原因となる肺炎球菌について放送していました。肺炎になる原因は30人中6人が持っている肺炎球菌にありました。

また、肺炎球菌を撃退する脾臓のマージナルゾーンB細胞についても特集されています。これで、肺炎撃退はバッチリ!



肺炎が発症する原因は肺炎球菌

インフルエンザで鼻の奥が傷ついて肺炎球菌が肺に落ちると、肺炎を発症します。

急増している肺炎の原因となる肺炎球菌は、人の鼻の奥、咽頭にいます。なんと、日本人の30人中6人が、この肺炎球菌を持っているということです。そして、この肺炎になった人からどんどん感染していきます。


肺炎球菌ワクチンが5割引き中!

現在は、高齢者の肺炎発症などを受けて、肺炎球菌ワクチンが5割引中ということです!

肺炎球菌を撃退する脾臓のマージナルゾーンB細胞

脾臓には、肺炎球菌を撃退するマージナルゾーンB細胞が存在しています。このマージナルゾーンB細胞が、肺炎球菌撃退において、最も重要な役割を担います!

マージナルゾーンB細胞が、肺炎球菌にふりかけをかけて、それを好中球が食べるというメカニズムがあったのです!これは、すごいですね!

その他脾臓の役割についての動画

関連記事

こちらのページも読まれています