清水富美加の引退会見の内容まとめ

突如芸能界の引退を発表した清水富美加さん。その裏には幸福の科学という宗教団体が見え隠れしています。しかし、同時に、所属事務所のレプロエンタテインメントの、圧力的な行動も明らかになっています!

しかも、引退会見を開いた清水富美加さん側から明らかになった衝撃の事実もあります!月給5万円!強制的な水着撮影!人肉を食べる人種の演技!これらの情報をまとめてみました!


清水富美加!月給5万円の衝撃!

清水富美加さんの月給が5万円だったという事が、清水富美加さん側の会見で発表されています。この内容がホントかどうか?は怪しいものです・・・。


強制的な水着撮影と人肉を食べる役がイヤだった

清水富美加さん側の会見では、強制的な水着撮影と人肉を食べる役がイヤだったということが発表されています。

事前に聞かされていないのに、急に水着撮影が入ったり、宗教的な観点から、人肉を食べる演技はイヤだった苦痛だったと言われています。

睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給制、ボーナスは支給されなかったという環境で、仕事をやっておりました。嫌な仕事の典型は、水着のDVDであった。性的対象にされるのが嫌で事前に拒否していたにもかかわらず、「もう決まっている」と、無理に入れられてしまった。仕事を断ると干されるという恐怖の中で仕事をしていたと言っていました。意に沿わない仕事をして、切り売りされているようで、しばしば周囲に死にたいと、多いときには週1回、漏らすようになりました。マネジャーにも言うと「あまり言うと死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わないでほしい。死ぬという言い方はずるい」と言われました。自分の奥底に気持ちをため込むようになったそうです。

清水富美加さんの労働環境は決していいものでは無かったのですね・・・。レプロエンタテインメントの闇が明らかに・・・。