トヨタからプリウスPHVの新型が発表されています!家庭でも充電できるPHVカーですが、電気代と燃費の兼ね合いが気になりますね!実際に過去のPHVカーの実績値を参考に検証してみました!

トヨタの新型プリウスPHVの燃費は?

今回のプリウスPHVは、68.2キロの距離を電気で走れるということです!これは今までの2倍の数字となっています!

トヨタの新型プリウスPHVの電気代は?

PHV(プラグインハイブリッドカー)ということで、家庭での充電が可能です。そこで、気になるのは電気代!いったいどれくらいかかるのでしょうか?

現行プリウスPHVの実績値

実際に現行のプリウスPHVを所有しているかたの数字をご紹介します。

2か月間の合計で言うと

プリウスPHVを買ってからの平成25年と買う前の平成24年の差は・・・

使用電力量が1,042kwh-808kwh=234kwh増えて

電気料金30,479円-21,771円=8,708円増えた

ということになります!

つまり、我が家の場合にはプリウスPHVを購入し毎日充電したことによってひと月あたり約4,354円増えました。(普通の電気料金の契約の場合)

実際に電気代は前年比で8,708円増えたということですね。でもそんなもんなんですね・・・。2ヶ月間の合計でこの額ですから、1ヶ月あたりは4,000円ほどの増額という感じでしょうか。

プリウスPHVを所有すると、電気代はひと月あたり4,000円増額です。

ガソリン代はいくら減る?

電気代は増額になるものの、ガソリン代はいくらほどの減額が見込めるのでしょうか?

毎月2回(オデッセイだったので一回に付き55Lくらいの給油量でした)ガソリンを入れていたのが、月に1回(プリウスになったら1回の給油の給油量は36Lくらいです)になりました。

つまり、毎月のガソリンが74Lくらい減ったという事です!

これはすごいですよね!毎月74Lもガソリンを節約できる!2017年現在、ガソリン代は140円ほどです。なので、74L×140円で10,360円のガソリン代の節約効果がでました!

ひと月あたり10,360円!!これはすごいですね!

まとめ「ガソリン代節約と電気代の差額は?」

ひと月あたり4,000円の電気代と、10,360円のガソリン代の節約の差額は、6,360円!ひと月あたりこれぐらい得します!

新型プリウスphv燃費の実際

関連記事