刻み海苔ノロウイルス事件に関わった、東海屋の下請け業者「いそ小判海苔本舗」の社長がテレビに出演しています。

その刻み海苔製造工程は、素手での作業があるなどして、かなりずさんな状態でした。下請け業者がテレビのインタビューに答えています。

また大阪市からは、今回の報道に関して公式に情報が発表されています。

東海屋の下請け業者のおじいさんがテレビ出演!

今回刻み海苔の加工過程で、東海屋の下請けとして作業していたのは、このおじいさん。大阪北区「いそ小判海苔本舗」というところです。

かなり年季の入った方ですね・・・。個人業者として長年やっている雰囲気が出てますよね。

ノロウイルスに感染していた自覚があり!

下請け業者のおじいさんは、刻み海苔の加工作業当時、ノロウイルスに感染していたという自覚がありました。

さらに問題なのは、そのノロウイルス感染の自覚がありながらも、素手による作業を継続してしまっていたということです。手袋をする取り決めがあったのですが、作業効率が悪いとして、その取り決めを守らずに作業していました。

ノロウイルスの感染力は非常に強いです。10個を超えるウイルスが体内に入れば、即感染します。ノロウイルス保菌者の素手ですから、即アウトですね。

下請け業者テレビ報道への大阪市発表

大阪市は公式に、今回の下請け業者「いそ小判海苔本舗」の事業者情報を公開しています。

加工が行われた事業所の名称、営業者及び所在地

いそ小判海苔本舗

片木 健雄(かたぎ たけお)

大阪市北区天満4丁目2番9号

ノロウイルス汚染海苔の流通状況

流通状況
都道府県 販売先(箇所)  販売量
 東京都  2  10袋/箱×16箱
 大阪府  4  10袋/箱×10箱
 大分県  1  10袋/箱×7箱
 兵庫県  2  10袋/箱×8箱
 埼玉県  1  10袋/箱×3箱
 滋賀県  1  10袋/箱×2箱
 和歌山県  1  31袋

いそ小判海苔本舗における検査状況

検査状況
検体 検体数 検査結果
 施設のふき取り 25 検査中
 従事者の糞便  2 検査中

刻み海苔ノロウイルス事件の現在

刻み海苔ノロウイルス事件は現在、対象製品を回収するという事態に発展しています。当然といえば当然ですね。

関連記事
韓国産ののりはノロウイルスの温床!?【東海屋食中毒事件】
東海屋の刻み海苔集団食中毒!なぜノロウイルスが検出されたのか?

関連記事
    None Found