ホルモン大好き!焼肉大好きのコブチャンが送る!テレビ情報メインの雑記!

コブチャンコム!

未分類

貝毒に注意喚起!穴場スポットは危険!?

更新日:





紫ガイ





非常に強い毒性をもつ「貝毒」の注意喚起がされています。おもな貝毒発生場所は大阪府の淀川下流の潮干狩り穴場スポットです。

毎年病院に駆け込み人が後を絶たない「貝毒」が今年も猛威をふるっています。

貝毒の発生状況をまとめました。

貝毒に注意喚起!

貝毒が発生し、大阪府では注意喚起しています。

例年潮干狩りの穴場スポットになっている淀川下流では、貝毒が発生しています。

淀川下流 貝毒

2016年の4月には、実際に貝毒と見られる症状の80代の夫婦が病院に駆け込んだという事例もあり、油断できないものとなっています。

ゴールデンウィーク中の淀川での潮干狩りは気をつけましょう。

貝毒とは?

有害プランクトン

貝毒はアサリやハマグリなどの貝類から検出されます。食べると、最悪の場合命の危険に関わります。

貝毒は有害な植物プランクトンを、貝が食べることによって発生します。有害な植物プランクトンの毒性を貝がどんどん溜め込んでしまうのです。

ここ最近は大阪湾で発生しています。ヒドイ時には基準の35倍もの貝毒が検出されることもあり、大きな問題になっていますね。

貝毒の注意喚起状況

現在明らかになっている貝毒の発生状況をご紹介します。

大阪府での貝毒の注意喚起状況

  現在、大阪府海域では以下のとおり麻痺性貝毒の発生が確認されています。

貝の種類 場所 確認年月日 規制等解除年月日
アサリ新着 大阪府の海岸 平成29年3月23日
シジミ 淀川下流部 平成29年3月22日
アカガイ新着 大阪府海域 平成29年3月23日
トリガイ新着 大阪府海域 平成29年3月23日

千葉県による東京湾での貝毒調査

千葉県 有害プランクトン

千葉県でも、貝毒の原因となる有害プランクトンの調査を行っています。

2017年4月現在は、有害プランクトンの発生は見られないということです。

有害プランクトン情報/千葉県

貝毒は高知県でも発生

愛知県三河湾のアサリから貝毒

 愛知県は25日、三河湾の幡豆海域で採れたアサリから、国の規制値を超えるまひ性貝毒が検出されたとして、沿岸の漁協などに出荷自主規制と潮干狩りの自粛を要請した。





-未分類

Copyright© コブチャンコム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.