ホルモン大好き!焼肉大好きのコブチャンが送る!テレビ情報メインの雑記!

コブチャンコム!

テレビ番組

『神様、もう少しだけ』の動画を無料視聴できる方法

投稿日:

『神様、もうすこしだけ』の全話を無料で一気見できる方法があります。

もちろん合法的な安全安心の見放題サイトです!

さっそく見放題サイトをご紹介します!

神様、もう少しだけを無料で視聴できるのはFOD

FOD(フジテレビオンデマンド)では、『神様、もう少しだけ』が見放題となっていて、全話一気見できます!

31日間の無料トライアル期間もあるので、その期間中に全話見てから退会すると、一切料金は発生しません!!これはオトク!
↓ ↓ ↓
神様、もう少しだけを全話一気見!(31日間無料)

『神様、もう少しだけ』はエイズを題材にした作品

1998年に放送された『神様、もう少しだけ』。

HIVに感染した女子高生と、その恋人の音楽プロデューサーの恋愛模様を描きます。

女子高生の真生(深田恭子)と、音楽プロデューサー啓吾(金城武)は運命的な出会いを果たしますが、真生のHIV感染が発覚し、大きな壁となります。

真生のHIVの原因は、援助交際でした。

HIV発覚で家族関係や人とのつながりが崩壊していく2人。その一方で絆を深くしていきます。

1998年当時、援助交際やHIVというのが大きく取り上げられて、社会問題となっていました。
この『神様、もう少しだけ』では、デリケートな問題に大きく切り込んだということで、かなりの注目を集めました。

当時のイマドキの女子高生を演じた深田恭子さんは、この作品で大きく注目されています。

『神様、もう少しだけ』光る金城武の演技

1998年のドラマ放送当時、金城武さんは人気絶頂でした。

いまでこそ渋めな俳優路線ですが、当時は、イケメン若手俳優と言ったら金城武!みたいな構図がありましたね。

『神様、もうすこしだけ』でも、低いトーンの声で、優しくも迫力のある演技をされていました。

HIVというきわどい問題に踏み込んだドラマにあっても、迫真の演技で作品としての価値おを大きく高めていたと思います。

『神様、もう少しだけ』深田恭子は当時16歳

深田恭子さんは2018年現在35歳。

1998年の作品放映当時は16歳でした。

16歳でこのようなデリケートなテーマのドラマに出演し、迫真の演技で評価を高めることに成功しているのはスゴイです。

当時のガングロギャルメイクの深田恭子さんはレアですね。

援助交際でHIV感染するというかなり衝撃な役どころでしたが、よく演じきりましたよね。その後の自分の芸能人生にも大きな影響を与えるという可能性もあったわけですが。

相手役の金城武さんとのマッチも良く、病気を乗り越える深い絆を見事に表現していましたね。

-テレビ番組

Copyright© コブチャンコム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.