ヴェンゲルが日本代表監督になるのはいつ?

この記事は約2分で読めます。

2018年4月20日、22年間に渡ってイングランドの名門クラブ「アーセナル」を指揮してきたアーセン・ヴェンゲル監督の退任が決まりました。

こうなると気になるのがヴェンゲル監督の去就です。

ヴェンゲル監督は親日家でもあり、1995~1996年には名古屋グランパスの監督も務めていました。

これは日本代表監督への可能性も感じます。

2018年ワールドカップ後に日本代表監督へ就任!?

ヴェンゲルが日本代表監督になるタイミングとしては、2018年ロシアワールドカップ後が最適でしょう。

現在の日本代表監督は西野朗さんですが、これはハリルホジッチ退任後の付け焼き刃的な人事です。

日本サッカーの今後を考えるのであれば、育成に長けた世界的な指導者が必要不可欠です。

しかも、ヴェンゲル自身は日本サッカーに対して将来性を感じています。

日本人の可能性を信じるヴェンゲル

「率直に言えば、日本はワールドカップの準決勝や決勝にいけるかどうかというレベルに来ていると思う」

引用元:アーセナルのヴェンゲル監督が日本代表の可能性を認める「W杯優勝も時間の問題」 | サッカーキング

ヴェンゲルは日本人の特性を理解しています。日本の若い世代の特徴も把握しています。

事実、数々の若い日本人選手がアーセナルへ入団している過去もあります。

・稲本潤一

・伊藤翔

・宮市亮

・浅野拓磨

これだけの日本人選手がアーセナルの門を叩いています。ヴェンゲルは日本人を色眼鏡で見ること無く、純粋に實力を評価していると感じます。

日本代表監督への就任の話があったとしても、決して嫌な気持ちになるものではないはずです。

 

ニュース



コブチャンコム

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。