二度目の人生を異世界で、降板声優には中国で殺害予告も!

『二度目の人生を異世界で』での主人公の声優として増田俊樹さんが出演予定でしたが、6月6日、降板を発表しました。

この判断にホッと胸をなでおろしたのが日本と中国のファン。

実は増田俊樹さんには中国のSNS上で殺害予告が発生していました。

一体何があったのか。

中国で殺害予告

増田俊樹さんが『二度目の人生を異世界で』の主演声優に決まると、中国のSNSでは殺害予告がはっせいしてしまいました。

これは中国のファン全員が同じ反応を示したわけではなく、一部過激なファンがきつい発言を繰り返したということです。

中国にも日本人と同じく、多くの日本アニメファンがいます。日本のファン以上に愛を注ぐ人も少なくありません。

本来、アニメファンには国境など無いはずですが、今回の増田俊樹さんのキャスティングと、『二度目の人生を異世界で』の設定には、中国のアニメファンも黙っていられませんでした。

 

中国人を討ち取った主人公。設定が問題に

『二度目の人生を異世界で』主人公は日中戦争で3,000人を討ち取ったという設定があります。

これが、中国のアニメファン、ラノベファンを怒らせました。

「中国人を惨殺するような人間を主人公にすえるアニメ。しかもその声優を引き受けるなんて、ひどい人間だ!」

と、中国のファンにはうつったのでしょう。

日中韓の間にはいまだに深い溝があります。こと、ネットの世界になると、その政治的な発言は過激になりがちです。

実際、『二度目の人生を異世界で』の作者まいん氏は、ツイッター上での韓国への過激な差別発言が理由で炎上してしまいました。

まいん氏のツイッター ヘイトスピーチの内容全文

まいん氏のツイッター ヘイトスピーチの内容全文
アニメ化が決定した人気ライトノベル『二度目の人生を異世界で』の作者「まいん」さんが、韓国に対するヘイトスピーチによって、炎上してます。2013年頃にツイッターで連投されたまいんさんのヘイトスピーチ。これが大問題になっています。まずは...

こういったこともあり、増田俊樹さんは主演声優を降板しました。

 

増田俊樹の降板。中国人の反応

増田俊樹さんが降板したことで、中国のファンもホッと胸をなでおろしています。

増田俊樹 降板 中国人 反応

本来大好きな日本アニメの声優。ファンとして強く応援したいのですが、中国を卑下するようなアニメの声優では応援もできないです。

特に、中国、韓国の人は、戦時下では日本兵にひどい仕打ちを受けたという歴史上のできごとを深く根に持っています。

このことが事実かどうかというのはいまだに考察の余地があるのですが、それでも韓国、中国の人は、その歴史を信じています。

そういったデリケートな背景で、このアニメはちょっと厳しいのかもしれません。

日本のファンには問題なく受け入れられても、よその国の人となると話は別です。

 

その他、降板した声優

中島愛 二度目の人生を異世界で 降板

増田俊樹さん以外の声優で降板した人をリストアップします。

  • 中島愛さん(29)
  • 安野希世乃さん(28)
  • 山下七海さん(22)

この3人も増田俊樹さん(28)に続いて降板を発表しています。

声優のキャリア、ブランド、事務所の権威にかけて、この作品にこれ以上関わるのは得策ではないですからね。

ただ、個人的には中島愛さんは久しぶりの主要キャラクターでの出演だったので、かなり残念ではあります。正直、ランカ・リーのイメージがまだ抜けない。

コメント