ドラマ『高嶺の花』峯田和伸の演技は下手?出演映画やドラマの評判を検証

峯田和伸 演技 下手

2018年7月スタートのドラマ『高嶺の花』で、初のレギュラー出演となった峯田和伸さん。しかも、主人公の相手役ということで、かなり大きな役になっています。

この峯田和伸さんって、バンド銀杏BOYZのボーカルじゃないの?演技できるの?下手じゃないの?と疑問に感じる部分がありました。

峯田和伸さんが出演したドラマや、映画の評判をもとに、その演技力を検証してみました!

 

ドラマ『高嶺の花』峯田和伸の役

ドラマ『高嶺の花』では、峯田和伸さんは主人公の石原さとみさんの相手役を務めます。

主人公の万能美女「月島もも」と運命の恋に落ちる平凡な男の「風間直人」。

超格差恋愛というのがこのドラマのテーマです。

峯田和伸さんはこの平凡な男の風間直人を演じます

峯田和伸さんは「野島伸司さんのドラマをたくさん見てきましたが、まさか自分が出演できるとは」とコメントしていて、今回の抜擢には驚いている様子です。

平凡ながらも心優しい風間直人を演じる峯田和伸さんに注目です。

 

 

ドラマ『高嶺の花』峯田和伸の演技は下手?

ドラマ『高嶺の花』で準主役の役を演じる峯田和伸さんですが、その演技力は1つの注目ポイントです。

銀杏BOYZというバンドのボーカルなので、演技は下手なんじゃ?という声もありますが、実は違います。

峯田和伸さんの過去の出演作『アイデン&ティティ』と『ひよっこ』から、その演技力を評価しました。

2003年『アイデン&ティティ』で主役に!

峯田和伸さんは2003年に映画『アイデン&ティティ』で主役に抜擢されています。

ロックな生き方を題材にした映画で、峯田和伸さんは荒削りながらも、役者としての評判を上げる演技を見せています。

まだまだ演じるという感じではないですが、峯田和伸さん自身が持つ人間臭さが前面に出ていて、非常に見応えのある映画になっています。

峯田和伸さんの表現者としての才能を感じさせる映画になっています。

共演した麻生久美子さんは「芝居をしている感じがしないのがすごい」と語っていて、あらためて峯田和伸さんの役者としての才能を感じさせます。

 

ひよっこでの演技が注目の的に!

峯田和伸さんの演技力を世に知らしめたのは2017年のNHKドラマ『ひよっこ』での演技でしょう。

主人公の叔父の役で出演した峯田和伸さんでしたが、もはや主人公を食ってしまうほどの存在感でした。

ドラマを見た人は「あの変なおじさんは誰?」と、峯田和伸さんの演技に注目しきりになりました。

業界関係者からも「今後2年は役者としてのオファーは絶えないだろう」とまで言われていて、峯田和伸さんにとっては大きな転換点になっています。

確かに、あの異常な存在感は驚きました。しかも違和感が無いですね。溶け込みつつもしっかりと存在感を残す。そんな峯田和伸さんの演技は、引き込まれるものがありましたね。

ドラマ『高嶺の花』峯田和伸の評判

2018年7月スタートのドラマ『高嶺の花』では、峯田和伸さんはラブストーリーに挑戦します。

主人公の万能美女を演じる石原さとみさんの相手役として、冴えない男を演じます。

冴えない男という役どころですから、表現が難しそうです。ただ無難な演技をするだけでは見ごたえに欠けるので、なにか味を出さないといけないです。

その点、峯田和伸さんの持つ独特の存在感は適役かもしれないです。「冴えない男ながらもなにか持ってる!」そんな雰囲気が出せるのは峯田和伸さんぐらいでしょう。

まとめ

2017年のNHKドラマ『ひよっこ』で役者として大きな評価を得た峯田和伸さん。

2018年の今年は連続ドラマでは初のレギュラー出演となり、さらなる飛躍を感じさせます。

放送開始が待ち遠しい!

関連記事

峯田和伸は2018年現在結婚してる?相手は上野樹里?臼田あさ美と熱愛?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース
シェアする
ネットニュース速報

コメント