イニエスタはなぜ神戸を選んだのか?住まいと神戸牛が理由?

イニエスタ 神戸 なぜ

2018年、スペインの名門FCバルセロナから日本のJリーグヴィッセル神戸へと電撃的な移籍をしたイニエスタ選手。

一体なぜ神戸を選んだのか?その秘密は、神戸での住まいと神戸牛がポイントになっていました!

イニエスタはなぜ神戸を選んだ?

イニエスタ選手がヴィッセル神戸を選んだのは、単にサッカー選手としてのキャリアのためではありません。

私がヴィッセル神戸に決めた理由は、提示されたプロジェクトが非常に興味深かったからだ。

引用:イニエスタはなぜ神戸を選んだのか…そして、三木谷社長が目論む“野望”とは | ゲキサカ

「提示されたプロジェクトに興味があった」

このイニエスタ選手の言葉こそがすべての理由です。

ヴィッセル神戸のオーナーであり、楽天の三木谷浩史社長は、イニエスタ選手に対して、育成面での期待をかけているとコメントしています。

イニエスタ選手には、単にチームの力の向上だけでなく、ユース年代のアカデミーのメソッド導入を含め、次世代への育成に大きく期待をしている。

引用:イニエスタはなぜ神戸を選んだのか…そして、三木谷社長が目論む“野望”とは | ゲキサカ

これです。おそらくですが、ヴィッセル神戸を始めとして、日本やアジア全体へイニエスタ選手のサッカー哲学を浸透させるプロジェクトがあるはずです。

まず、イニエスタ選手は2~3年ほど日本でサッカー選手としてのキャリアを続け、その後は生涯に渡ってヴィッセル神戸へ関わるプランでしょう。

特に、ヴィッセル神戸の下部組織(小学校~高校年代までの育成組織)へのアドバイザーという形をとることが予想されます。

これは、イニエスタ選手の出身のバルセロナのやり方に似ています。バルセロナも偉大なレジェンドプレイヤー「ヨハン・クライフ」の哲学を守り、今の地位にいます。

ヴィッセル神戸にとってのイニエスタ選手は、バルセロナにとってのヨハン・クライフとなる姿が想像できます。

イニエスタの住まいはマンション?

イニエスタ選手は六甲アイランドのマンションへと住まいを構えるのは間違いないです。

六甲アイランドのマンションには同じくヴィッセル神戸の元ドイツ代表、ルーカス・ポドルスキ選手の住まいがあります。

ポドルスキ選手の子供さんは、六甲アイランド内のドイツ人学校(インターナショナルスクール)に通っています。

神戸にはインターナショナルスクールがあり、様々な国の人が学んでいます。

国際色豊かな神戸で暮せば、イニエスタ選手の家族も安心です。

六甲アイランドのレベルの高いマンションと言えば、「六甲アイランド ジ・アンタンテ」です。

イニエスタ 神戸 住まい マンション

ジ・アンタンテは世界各国の人々が快適に住まうことができることを目的にフィットネスクラブ、プリスクール、などの多彩な施設を備えた国際水準の住宅です。

引用:六甲アイランド ジ・アンタンテ – 高級賃貸ポータル マエダ不動産

公式ページでも国際的なサービスを強みにしています。ここには、プロ野球の阪神タイガースの外国人選手も住んでいるとか!?

イニエスタと神戸牛

イニエスタ選手は神戸牛好きでも知られています。

バルセロナの後輩のセルジ・ロベルトにもオススメするほどです。

セルジも日本を訪れるとともに、イニエスタが絶賛した神戸ビーフに舌鼓を打っていた

引用:セルジは何しに日本へ? 来日後“インスタ映え”スポットに出没…イニエスタ絶賛の神戸ビーフも | Goal.com

これは面白いです。バルセロナ内部では密かに神戸ビーフがブームになっているかも!?

まとめ

ポドルスキを筆頭に、外国人選手が家族と一緒に移住してきても問題ないのが神戸の強み。

しかも、イニエスタ選手には高額な32億円という年俸と、ヴィッセル神戸のサッカー育成の未来を託すという刺激的なプロジェクトがオファーされています。

34歳になりキャリアの晩年に差し掛かったイニエスタ選手にとっては、神戸への移籍は自身の将来や子供の将来を考えても、十分な理由がありますね。

 

コメント