川口春奈の子役時代と中学高校の学歴と経歴!子供の頃はニコラでモデル!

もともと芸能活動に興味がなかった。

川口春奈さん。23歳。

今ではモデルに女優業に大活躍ですが、かなり意外なデビュー秘話がありました。

この記事では、川口春奈さんの子役時代と、中学、高校の様子、子供の頃のニコラモデル時代の画像をまとめました!

 

川口春奈の子役時代

 

川口春奈さんは子役として、お芝居の仕事をしていたことはありません。

2008年に14歳で『ファイテンション☆テレビ』のガールズコーナーのレギュラー出演があります。

子役というよりは、モデルのかたわらバラエティ番組に出ているという感じですね。役者としての仕事はしていません。

デビュー自体も13歳ということですので、子役という感じではないですね。なので、子役経験は無いというのが結論です。

 

川口春奈は子供の頃はニコラでモデルだった

川口春奈さんは2007年にティーン雑誌の『ニコラ』のオーディションでグランプリを獲得しています。

2007年当時、ニコラのオーディションは超難関で、7780人の参加者がいました。

そこで川口春奈さんは数少ない5人のグランプリの1人に選出されています。

ちなみに、同期のグランプリには立石晴香さんも選ばれています。

ニコラのモデルに全く興味のなかった川口春奈

実は川口春奈さんは、モデルとか芸能の仕事に興味がありませんでした。

ニコラのオーディションには友達の母と友達に無理強いされて応募して受かったのです。

ニコラのオーディションを通過するまでは、ニコラを読んだことすらなかったというから驚きです!

7780人という超人気のニコラの読者モデル。

女の子なら誰もが憧れるはずのニコラモデル、通称“ニコモ”。川口春奈さんは、全く興味が無いのに、ニコモに選ばれたんですね。

川口春奈の中学時代

川口春奈さんは長崎県五島市立福江中学校に通っていました。

この頃はまだ生まれ故郷の五島市にいます。

中学生になり、本格的にニコラのモデルとして活動する川口春奈さんは、月に1回は仕事のために上京するという生活パターンでした。

ただ、長崎県の五島市は島なので、福岡まで9時間フェリーに乗って、そこから飛行機で上京という、超ハードな旅になります。

中学1年から2年までこの東京通いをしていたのですが、さすがにしんどかったのか、中学3年生のときに東京に移り住んでいます。

2012年にはバラエティ番組『行列のできる法律相談所』の企画で、福江中学校に帰ってきてロケを行っていました。

川口春奈の高校時代


川口春奈さんは堀越高校の卒業です。

ここは多くの芸能人が通った高校としても有名ですね。

モデルや女優の仕事も入り始めた川口春奈さんにとって、上京して入る学校と言ったらここしかないです。

堀越高校は芸能人が在学する学校なので、芸能活動への配慮があります。

川口春奈さんはトレイトコースへ在籍。ここは大手芸能事務所との連携もしっかりしていて、仕事やプライベートがしっかりと守られます。

トレイトコースの生徒と、その他のコースの生徒の接触は原則禁止されていて、体育祭とか文化祭でもなければ、一般コースの生徒はトレイトコースの生徒と会えません。

トレイトコースでは授業中もカーテンで仕切られていて、完全に別世界です。

川口春奈さんは、大手の研音所属ですので、堀越高校側にしっかりと守られながらも芸能活動を継続します。

2011年には注目作『桜蘭高校ホスト部』にヒロイン役で出演していて、仕事の方も絶好調です。

同年、ニコラモデルを卒業しています。この後は、JJやVOCEなどの表紙を飾ることが多くなってきました。

まとめ

現在23歳の川口春奈さん。13歳での衝撃的なモデルデビューから、いまでは日本のトップレベルの美少女芸能人となっています。

今後はもっと主役級の役が回ってくるといいな!と思っていますね~!

故郷の福江島の人たちも応援してますよ!

川口春奈さんについてなにか情報や、ご意見があれば、どしどしコメントお願いします!

コメント