みやぞんの中学校高校大学の部活は?陸上の記録や過去の運動経験をまとめ

みやぞん 高校 大学 部活

「世界の果てまでイッテQ!」で驚異の運動神経を見せたANZEN漫才のみやぞん。

その天才的ともいえる抜群の身体能力を評価されて、2018年夏の24時間テレビ「愛は地球を救う」内企画である「チャリティーマラソン」のランナーに選ばれましたね。

しかも、2018年のチャリティーマラソンは「マラソン」ではなく「トライアスロン」です!

トライアスロンとは、水泳、自転車、長距離走の3種目を連続で行い、その記録を競う、数あるスポーツのなかでも最も過酷な競技の一つ。

そんな企画にオファーが来るなんて、みやぞんは本当に身体能力が高いんですね!

ところで気になるのは、みやぞんの、あの驚異的な運動能力は昔からあったものなのでしょうか?

そもそもみやぞんは学生時代にどんなスポーツをしていたのでしょう?

今日はみやぞんの過去の部活歴や、その抜群の運動神経について調査したものをまとめました。

 

四ツ川
四ツ川

こんにちわ。当記事のライター「四ツ川」です。

実は筆者、今までみやぞんの芸風ばかりに注目していたため、今回のリサーチでただただ開いた口が塞がりません。

みやぞんの天才的な運動神経は予想の遥か上を行きましたよ!

(ギターを抱えながら)ぜひ最後までお付き合いください!

 

 

みやぞんの中学校高校大学の部活は?

東京都足立区生まれのみやぞんですが、中学校時代はテニス部に所属していました。

未経験で入部したにも関わらず、入部したその日にテニス経験者の相手を打ち負かしてしまったそう。

まったく無知の新入りが部長・副部長クラスを倒してしまったということでしょうか…?

我々には想像もつかない領域の話ですね。

みやぞんは、中学生にして既に運動に関しての天才的なセンスを持っていたようです。

なんと、その後は区の大会で2位になるという快挙。

しかし、テニスは中学校でやめてしまい、高校では野球部に所属しました。

何故でしょう?

実はこれには面白いエピソードがあって、みやぞんがテニス部の練習中、練習場に転がり込んできた野球ボールをとんでもないスピードで投げ返したんですね。

その様子が、またま視察に来ていた高校の野球部の監督の目に留まり、みやぞんはテニス部だったにも関わらずスカウトされるのです!

かなり良い肩を持っていたに違いありません。

こうしてみやぞんはスカウトに応じて、野球推薦で高校へ入学するのです。

もちろん進学先の野球部でも抜群のセンスを発揮。

投球速度は130km、変化球にキレがあると当時の野球専門誌で注目されたようです。

高校3年生の夏には東東京大会の3回戦まで勝ち進みました。

実は大学からも野球のスカウトを受けたそうですが、事情があって全て断り、進学もしなかったようです。

 

四ツ川
四ツ川

彼は子供の頃から、スポーツに関しての才が頭2つくらい抜き出ていたんですね。

「そこでスポーツをやめてしまうなんてもったいない!」…そう思いますが、みやぞんの決めた道。

今が面白いのでワガママは言えません。

もしスポーツを続けていたら、みやぞんは今頃どうなっていたのか気になるところではありますが…。

まあ、運動オンチの筆者はその才能が羨ましいですね。

ほんの一部でいいから欲しかったです。笑。

 

 

みやぞんは陸上の経験あり?記録は?

本人曰く小学校・中学校の時までは短距離走が得意で、リレーの選手にも選ばれたことがあるそう。

その後は長距離も好きになり、高校時代に40km走ったことがあるのだとか。

高校時代に野球部だったことから、短距離走はかなり速そうに思います。

高校野球児の50m走のタイムは、速い人なら5秒台後半ですから、みやぞんならそれに近い記録は出していそうですね!

後でも述べますが、みやぞんは格闘技の経験もあります。

体力をつけるためにハードなトレーニングをこなしていたでしょうから、長距離もかなり期待できそうです。

 

四ツ川
四ツ川

そういえば、学生の頃って足の速い男性はモテましたよね。

放課後に女子たちが集まって、部活動でトレーニングしてる男子生徒たちをキャーキャー言いながら眺めていたりしませんでした?

ひょっとしてみやぞん、学生時代に女の子にすごく人気があったのでは…?

 

みやぞんの過去の運動経験がすごい?

ちなみにみやぞんの驚くべきところは、先に書いたように格闘技の経験もあるということ。

その格闘技とはボクシングのことで、パンチ力はなんと223kg!

人間の骨は、部位や方向にもよりますが、だいたい70kgの負荷がかかると折れたりヒビが入ったりするので、このパンチがどれだけ凄いものであるかは言うまでもないでしょう。

余談ですが、腋の下に鍋を挟んで潰すことができるそうです。

ここまで来ると言葉を失ってしまいますね…みやぞん凄いです。

ところで、ここまでみやぞんの陸上競技ばかりに触れてきましたが、トライアスロンはそれだけではありませんよね。

そう、気になるのは「水泳」です。

みやぞんは泳げるのか?と調べてみた結果、みやぞんは過去にプール監視員のアルバイトをしたことがあるのだそう。

ということは「泳げる可能性は十分にある」と言えますね。

まったく泳げない人がプール監視員のバイトをするなんて、考えにくいですから。

 

四ツ川
四ツ川

筆者が腋で鍋を潰そうとすれば鍋じゃなく肋骨が潰れます!というか普通は潰せないでしょう!?

ボクシングができて鍋が潰せて泳ぐこともできるとは、みやぞんはもはや超人レベルですね。

そんな超人みやぞんですから、水泳だってちょっと練習すればあっという間に高記録が出せそうです。

トライアスロンも、まさか朝飯前…!?

 

まとめ

さすがみやぞんですね。

未経験から始めたテニスで区大会2位になり、それでいて野球部にスカウトされて高校野球児に。

雑誌でも注目されるほどですから、よほどのポテンシャルを秘めていたのではないでしょうか。

もしあのまま野球を続けていたらどうなっていたんでしょうね。

マラソン、水泳、自転車だけでなく多種のスポーツまでもこなしてしまう。

芸風だけでなく、スポーツをするみやぞんの今後にも、期待大ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース



シェアする
ネットニュース速報

コメント