田村ゆかり弁護士?PPAPのピコハラがパワハラ認定

ネット上で、田村ゆかり弁護士が話題になっています。これ、分かる人はわかりますね!この話題を記事にしてまとめてみました!

田村ゆかり弁護士

%e7%94%b0%e6%9d%91%e3%82%86%e3%81%8b%e3%82%8a%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab
田村ゆかり弁護士がツイッターで軽く話題になりました。田村ゆかり弁護士は、沖縄県のでいご法律事務所に所属する弁護士です。弁護士ドットコムに寄稿していて、けっこう実力のある弁護士さんですね。

今回なぜかツイッターで話題になっています。

田村ゆかり弁護士がなぜ話題に?

%e7%94%b0%e6%9d%91%e3%82%86%e3%81%8b%e3%82%8a
なぜか話題になった沖縄県の田村ゆかり弁護士。一体なにが?と思ったんですが、私はすぐにわかりました。実は、田村ゆかりという名前にヒントがありました。

田村ゆかりとういと、超人気声優の田村ゆかりさんが真っ先に出てきます。この田村ゆかりと同姓同名なだけでなく、名前がひらがな表記なのも、完全に一致しているわけです。

ニュースになった記事では、ピコ太郎のPPAPを忘年会で一発芸として強要する「ピコハラ」はいかがなものか?という話題を扱っていました。しかし、この田村ゆかりという名前が前面に出てきすぎてて、ピコハラの話題が頭に入っていきません。笑

ピコハラはパワハラ

今年話題のピコ太郎のPPAPが忘年会で強要され、「これってパワハラでは?」というケースがあるようです。結論から言うと、強要であればもちろんパワハラ扱いだそうです。田村ゆかりさんがそう言っています。

これが、「忘年会、PPAPをやるのはいいのでは?」という提案程度ならOKだという事です。ただし、忘年会での一発芸が会社の伝統として行われていた場合に限ります。もちろん、そこで、部下が心理的に追い詰められた心理状態になるようであれば、パワハラということになります。「伝統だから一発芸やれ!」というのはアウトなわけですね!

まとめ

まあ結論から言うと、PPAPの強要はパワハラで、提案はセーフということですね。この忘年会でのPPAPの強要は日本全国の若手社員にとって、頭の痛い問題だったのではないでしょうか?笑

もしPPAPのパワハラこと、ピコハラにあっている人がいたら、田村ゆかり弁護士に相談してみてください。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
コブチャンコム
シェアする
ネットニュース速報