細田守と新海誠が似てる!パクリ疑惑と庵野秀明との関係は?その違いに迫る

 

細田守さんと新海誠さんが似ているというのは、外見だけではなかった!

作品では似ているといわれているが、実は二人の絵には大きな違いがある!

シンゴジラでさらに映画監督の名を不動のものにした、庵野秀明さんは、

とくにお二人ともは深い関係でもなく、パクリでもなんでもなかった!

そんなに似ているか見てみましょう。

細田守と新海誠が似てる!パクリなのか?

似ているといっても、外見が似ていて区別がつかない、、、というのではなく、

アニメーション映画の作品の監督して、二人の作品が、細田守さんの作品なのか、新海誠さんの作品なのか、

同じ時期に二人の映画をみた方は、そう思ったででしょう。映画評論家でないかぎり、そう思うはず。

細田守さんと新海誠さんの、映画がどちらとも評価が高く、人気の作品が多いのが理由です。

あの作品はパクリ疑惑が・・!?

- 君の名は(きみのなは) Your Name

新海誠(Makoto Shinkai)さん(@makoto.shinkai)がシェアした投稿 –

まずは二人のプロフィールや活動を比較!

●細田守さんのプロフィール

生年月日              1967年9月19日(50歳)

出生地     富山県

主な作品

『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』

『時をかける少女』

『サマーウォーズ』

『おおかみこどもの雨と雪』

『バケモノの子』

『未来のミライ』

 

細田守さんは、様々な賞を受賞しています。ちょっとみてみましょう。

時をかける少女では、

日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞。

仏アヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門特別賞。

サマーウォーズでは、日本国内ではロングランの大ヒットを記録、

 

●新海誠さんのプロフィール

生年月日  1973年2月9日(45歳)

出生地  長野県南佐久郡小海町

映画監督

『ほしのこえ』

『秒速5センチメートル』

『言の葉の庭』

『君の名は。』

新海誠さんの注目すべきは、やはり、『君の名は。』のインパクトが強いですね。

この作品は、たくさんの賞を受賞。

第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭 アニメ作品部門 最優秀長編作品賞 受賞。

第60回BFIロンドン映画祭 Official Competition ノミネート。

第18回プチョン国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門 優秀賞・観客賞 受賞。

ニュータイプアニメアワード 2015-2016 作品賞(劇場上映部門)1位。

第42回ロサンゼルス映画批評家協会 長編アニメーション賞 受賞。

第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 監督賞。

イタリア、トリノにて行われた『CARTOONS ON THE BAY PULCINELLA AWARDS2017』にて、

監督賞、脚本賞。コミックスウェーブフィルムがスタジオオブザイヤーを受賞。

なんだかすごすぎますね。

 

細田守と新海誠と庵野秀明の関係性は?

#evangelion #eva

khara inc. officialさん(@khara_inc)がシェアした投稿 –

庵野 秀明さんは、映画監督さんですが、知らない人はもういないでしょう!

庵野 秀明さんの最近のヒット作品は、映画『シンゴジラ』です。

庵野 秀明さんは映画監督さんですが、アニメーション映画でも、すでに有名な作品があるのです。

それは、『新世紀エヴァンゲリオン』テレビアニメ、映画アニメーション映画ともに、庵野秀明さんの代表作ともいわれています。

 

そして、細田守と新海誠と庵野秀明の関係性は?というと、

『オタク』

ではなく、いまでは日本を代表する映画監督、というのが共通点です。

細田守と新海誠の違い

細田守監督、と新海誠監督の、二人の作品の違いは、その表現力。

新海誠監督の作品は、風景や存在感を示すアニメーションに写実性があるアニメと評判。

細田守監督の作品は、幻想的な美をアニメーションならではの表現をする、CGの世界との評判。

また二人の作品は、あの、宮崎駿監督の映画にも似ているともいわれますが、

宮崎駿映画のアニメーションは、このどちらでもなく、

普通のタッチのアニメーションで、登場人物の『躍動感』『キャラクターの個性』あふれる表現、というのかもしれません。

 

まとめ

写真でみると、細田守さん新海誠さんは、見た目も確かに似ているように見えてきますね。

ですが、作品、絵のタッチなどは全く違うので、映画をみると、すぐにわかると思います。

二人はパクリでもなく、自分が得意な分野での表現力を取り入れた絵、というところに

こだわりがあることでしょう。これからの映画も注目です!

 

 

コメント