星稜林監督の采配ミス?2018夏の甲子園8月12日

2018夏の甲子園

2018年8月12日の甲子園、星稜高校と済美高校の試合は劇的な幕切れとなりました。

済美(愛媛)が十三回、1番・矢野功一郎内野手(3年)の逆転満塁本塁打で星稜(石川)にサヨナラ勝ち。2年連続の16強入りを決めた。 試合は延長十二回を戦って9-9のまま、決着がつかず、今大会2回目のタイブレークに入った。 先行の星稜は無死一、二塁から始まるタイブレークで内野ゴロで1死二、三塁として、三ゴロ野選で1点を奪い、なおも一、三塁からスクイズで2点を勝ち越した。 一方の済美は、9番の政吉完哉外野手(3年)が三塁前に絶妙なバント安打を決めて、無死満塁。ここで矢野が右翼ポール際へ大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打を放った。 試合は星稜(石川)の一方的なムードだった八回、一気に動いた。済美はこの回からマウンドに上がった星稜の4番手・竹谷理央投手(3年)から4安打を集中して3点を奪い、3点差に迫ると、代わった4番手・寺西成騎投手(1年)に対しても攻め手を緩めない。 2死満塁から2点を奪い、1点差に迫ると、2死一、三塁から十三回にバント安打を決めた政吉が左翼席へ逆転3ランを放った。 最大6点のリードをひっくり返された星稜は2点を追う九回、竹谷と鯰田啓介外野手(3年)の2本のタイムリーで同点に追いつき、試合は延長に入った。

引用:済美が十三回サヨナラ勝ち 矢野が大会史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

漫画ですらありえないような展開に野球ファンは大興奮。

しかし、気になるのが星稜高校の投手リレー。

星稜高校の投手リレーは采配ミス!ネットの意見

星稜高校の監督林和成の経歴学歴は?高校と大学時代の野球成績がすごい?

星稜高校の監督林和成の経歴学歴は?高校と大学時代の野球成績がすごい?
星稜高校野球部の監督である林和成さん(42)。星稜高校の出身で、あの松井秀喜さんの1年後輩でもありました。8月12日の第100回選抜高等学校野球大会では、2回戦の済美高校に劇的な敗北。ネットでは監督の采配ミスでは?という意見もあ...

むしろ済美のエースが投げすぎ?

コメント