ウエンツ瑛士の留学理由!場所はどこで期間はいつまで?日本復帰はできる?

ウエンツ瑛士 留学 ニュース

ウエンツ瑛士 留学

ウエンツ瑛士と小池徹平(画像は『Teppei Koike 2017年11月12日付Instagram「観に来てくれたよ。」』のスクリーンショット)

まずはじめに

  • ウエンツ瑛士さんが8月28日の火曜サプライズにてロンドン留学を発表
  • 期間は2018年10月からの1年半で、ミュージカルの勉強が主な目的
  • 所属事務所の反対を押し切っての留学で、日本復帰は難しくなる可能性がある

ウエンツ瑛士さんが8月28日の火曜サプライズで突然のロンドン留学を発表しました。期間は1年半。目的は舞台の勉強です。

ただ、裏では所属事務所の反対を押し切った半ば強引な留学だという話があります。

1年半後にウエンツ瑛士さんの席は残っていない可能性も……。

ウエンツ瑛士さんのロンドン留学の裏に迫ってみました。

ウエンツ瑛士がロンドン留学!期間はいつまで?

ウエンツ瑛士さんのロンドン留学ですが、1年半を予定しているということです。

「1年半の勉強期間をいただきました」

と番組では発表。

8月28日の火曜サプライズで公表されたロンドン留学。

1年半に間に英語を学び、本場のミュージカル舞台で経験を積むという狙いです。

1年半の留学って長いのか?と疑問な部分もありました。

しかし、ネットを調べてみると、1年ほどの語学留学でも十分な成果を上げることが可能だというのです。

特に英語力に関しては、1年もあれば十分だというハナシが多いです。まあ、ちょっと盛って話しているとは思いますが……。

体感としては、日常会話の8割を理解できるレベルに成長できるということです。

TOEICの点数も400→800点ぐらいまでアップしたという報告も!

参考:1年の語学留学でどれだけ英語力が伸びるのか【僕の経験と勉強法】 – Goodbye Japan 

留学で英語力の伸びはどうなる?1年留学した僕が解説します。 | よーいちろーのウェイ系ブログ 

ウエンツ瑛士が留学する理由を深掘り

ウエンツ瑛士さんはミュージカル舞台の勉強のために留学するという発表です。

特にロンドンの舞台は3年前からの強い憧れで、やっと夢にチャレンジできる!という感じではないでしょうか?

ただ、ポジティブな側面だけではないようです。

ウエンツ瑛士さんは自身の日本での恵まれた環境をリセットしたいという思惑もあるようです。

ウエンツ瑛士さんの所属事務所はエヴァーグリーン・エンタテイメント。ここはバーニングプロダクションのグループ会社です。

バーニングプロダクションと言えば、芸能界最大手の事務所です。泣く子も黙る!というやつです。

このバーニングプロダクションの社長「周防郁雄(すほういくお)」は芸能界の大物でもあります。

ウエンツ瑛士さんはこの社長のお気に入りで、その影響もあって仕事も上手くいっている部分があります。

今回のウエンツ瑛士さんの留学は事務所も反対していたのですが、ウエンツ瑛士さんはこれを無理矢理に押し通しました。

つまり、芸能大手の保護を離れるという決意をしたということです。

ウエンツ瑛士さん自身も自分の実力以外で仕事が成立している現状に満足いっていないということ。

今回のロンドン留学を機会に、日本での自分の立場を一新して、本当の実力のみで勝負したい!ということです。

ウエンツ瑛士は留学後に日本に復帰できる?

ウエンツ瑛士さんは日本に復帰しても、今のように良い席が用意されている保証はありません。

これまでお世話になってきた芸能界大手の事務所の反対を押し切ってロンドン留学に行くのですから、今までどおり事務所が助けてくれる保証はありません。

ただ、ロンドンのミュージカルで演技力を磨き、日本の舞台から本格的な俳優としてデビューすれば、今までのバラエティタレントとは違った角度で成功する可能性はあります。

ウエンツ瑛士さんが1年半後に日本での活路を見出すには、今までのバラエティタレントから俳優一本でやり切る!という覚悟が必要です。

 

 

 

コメント