高山善廣の頸髄損傷の原因となった試合中の事故とは?対戦相手ヤス・ウラノについて

ニュース

プロレスの試合中に頸髄損傷の大怪我を負った高山善廣選手(52)。

この記事では、高山善廣選手の当時の様子と現在のリハビリ中の姿をお伝えします。

高山善廣選手を支える奥さんと家族についても情報がありましたので、そちらも合わせてどうぞ。

高山善廣の頸髄損傷と現在

高山善廣選手は2017年5月4日に試合中に頸髄損傷の大怪我を負ってしまいます。

回転エビ固めというアクロバティックな技を仕掛けた高山善廣選手は、頭からマットに突っ込んでしまい、首の頸髄という箇所を怪我しました。

怪我の結果、首から下が動かなくなり、現在はリハビリを懸命に行っています。

口にくわえた筆で簡単な絵を書いたり、言葉を発する程度はできますが、生活は大きく制限されています。

「必ずリングに戻って、自分の足で降りたい」。これが現在の高山善廣選手の目標です。

この高山善廣選手の目標を叶えるために、プロレス仲間たちは「TAKAYAMANIA(タカヤマニア)」という高山選手を支える組織を立ち上げています。

高山善廣のプロフィール

名前:高山善廣

生年月日:1966年9月19日

身長:196センチ

体重:125キロ

ジャイアント馬場、アントニオ猪木からプロレスについて学び、現在は「帝王」と呼ばれています。

団体を超えた戦いをしてきた経歴から、多くのプロレスラーやファンに信頼されている名選手です。

若い頃は痩せていたということで、現在の125キロの姿からするとかなり意外なエピソードではあります。

高山善廣の頸髄損傷の原因は試合中の事故

高山善廣選手が頸髄損傷(けいずいそんしょう)をしたのは2017年5月4日の試合のことでした。

回転エビ固めというアクロバティックな技を行った際に、首からマットに落ちてしまいます。

当時高山善廣選手と対戦していたのはヤス・ウラノ選手。

一説では高山善廣選手とヤス・ウラノ選手の身長差がありすぎたため(196センチと174センチ)、事故につながったのでは?という見方もあります。

また、高山善廣選手もあまりコンディションが良くない状態での試合だったために、普段なら成功している技がうまくできなかったという話も。

高山善廣の頸髄損傷の原因となった技の動画と画像

高山善廣さんの頸髄損傷の原因となったのは「回転エビ固め」という技です。

動画でもご紹介しますが、アクロバティックな技で、失敗すれば怪我は間違いないです。

高山善廣の頸髄損傷の原因「回転エビ固め」の動画

この動画を見てもわかりますが、結構アクロバティックな技です。

高山善廣の頸髄損傷の瞬間の画像と動画

事故の瞬間の画像と動画はネット上にはありますが、当サイトでは掲載を控えます。

結構ショッキングな画像です。

相手を飛び越して、その股のあいだに体を滑り込ませるはずが、そのまま頭上からマットに突っ込んでしまいます。

高山善廣選手の125キロという体重がその首に全部かかってしまったのです。

脳から体中に神経を張り巡らせている人間の体、その神経が集中している首を損傷してしまいました。

高山善廣の頸髄損傷したときの試合相手

高山善廣選手が頸髄損傷をした際に対戦していたのが「ヤス・ウラノ」選手です。

学生時代からプロレスをしてきた選手で、地道ながらもプロレス界を盛り上げてきた選手の1人です。

ヤス・ウラノのプロフィールと経歴

リングネーム:ヤス・ウラノ

生年月日:1976年2月19日

身長:174センチ

体重:87キロ

ヤス・ウラノ選手は日本大学文理学部文理レスリング連盟出身です。

ソクラテス浦野というリングネームで学生プロレスで活躍していました。

基本的にヒールな役回りのレスラーで時には反則技を仕掛けることも。

当時ヤス・ウラノ選手はK-DOJO出身でDDTに所属してました。この来歴を見てもプロレスのテクニック自体は悪くないと思っています。

なので、ヤス・ウラノ選手がミスをして高山選手が怪我をしたわけではないと思います。

そもそも怪我の原因となった回転エビ固めは、かけたほうが大怪我につながるリスクがある技です。ヤス・ウラノ選手もしっかり受けようとしましたが……。

ヤス・ウラノの現在

ヤス・ウラノ選手は現在もプロレス界で活躍しています。

ご本人のツイッターを確認すると、高山選手をサポートする組織「TAKAYAMANIA」に関してもツイートしています。

高山善廣選手の頸髄損傷の怪我について、ヤス・ウラノ選手を責めるべきではないのはもちろんです。

ただ、プロレスの危険な技についてはもっと意識したほうが良いと思います。

選手生命が絶たれてからでは遅いです。

高山善廣の家族

高山善廣選手には奥さんと小学生の長男がいらっしゃいます。

頸髄損傷の大怪我を負った高山善廣選手を支える家族をご紹介します。

高山善廣の妻奈津子さんのプロフィールと経歴

名前:高山奈津子(たかやま なつこ)

生年月日:1968年

高山選手を支援する「TAKAYAMANIA」の代表です。

高山善廣と奈津子さんの馴れ初め

奥さんの奈津子さんは大学卒業後に高山善廣選手と知り合い、結婚しています。

それ以来、ずっと高山善廣選手に付き添っています。

大学卒業後というと、奈津子さんは1968年生まれなので、1990年ですかね。当時22歳ということですね。高山善廣選手は1966年生まれなので24歳ですか。結構若いころからずっと一緒なんですね。

高山善廣の子供

高山善廣選手には小学生の長男がいます。

リハビリ中もその長男の様子が気になるようで、奥さんの奈津子さんに状況を聞いています。

家庭の様子などは特に公開されたことはないので、これ以上の情報はないです。

ただ、気になったのが高山善廣選手は現在52歳で、お子さんが小学生というと、結構高齢で子供ができたということですね。

まだまだ、父親の存在が大事な時期なので、高山善廣選手には頑張ってもらいたい!

コメント