未熟児が発達障害になる確率

未熟児や低出生体重児(早産などにより小さく産まれる)の発達障害リスクですが、健常な子供よりも低いと言われています。

というのも、未熟児で生まれると、すぐさま適切な栄養処置がされるのですが、通常どおりだと母親に委ねる部分がおおくなってしまうのです。

 

未熟児で手厚く栄養管理したほうが、予後も順調です。

 

未熟児での障害という観点から見ると、視力が低いという話や、少し周りの子供よりも発育や勉強が遅れるという話があります。

ただ、さまざまな口コミを確認すると、その学力の遅れや運動機能の遅れは徐々に追いついて、中学生ぐらいにはほぼ差は無くなるという経験が多いです。

 



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース
シェアする
ネットニュース速報

コメント