紅白歌合戦2018出演者にアニメ枠・声優枠はある?水樹奈々の可能性は?

2018年の紅白歌合戦にはアニメ枠・声優枠はあるのでしょうか?

2016年以降、声優による出演はなく、下火になっています。

2018年の今年、アニメ枠・声優枠があるのか?過去を振り返り考察しました。

紅白歌合戦2018出演者のアニメ枠・声優枠はある?

紅白歌合戦2018のアニメ枠・声優枠ですが、2015年のμ’s(みゅーず)以降その枠はなくなるのでは?という見方が多いです。

このμ’sの件についてはちょっとした「NHK側との行き違い」があったということです。

さらには、声優界の大御所が「声優だけの紅白歌合戦を」という提言もしています。

2015年のラブライブ声優ユニット『μ’s』の不評

2015年に出場した声優ユニットのμ’sは、事務所側からの制約が厳しく、紅白スタッフに不評でした。

 

彼女たちが『紅白』に出場したときに、写真チェックが厳しく、スタッフから「声優は面倒くさい」と煙たがられるようになってしまったという。

引用:【悲報】水樹奈々さんが切り拓いた『紅白』声優枠、μ’sがやらかしたせいで消滅した模様・・・ : はちま起稿

 

当時ネットでもニュースになった話で、一部声優ファンの間では、「せっかく水樹奈々が紅白出場の流れを作ったのに、μ’sが台無しにした」という声もあるほどです。

そうは言っても、事務所側も声優界の慣行にならって規制した部分もあるでしょうし、出演するμ’sは彼女たちなりに一生懸命やっています。絶対に悪意があるわけないですよね。

これ以降はアニメ枠・声優枠というのは無くなってしまい、2017年には誰も出ていません。

声優だけの紅白に移行か?

NHKの紅白歌合戦に声優枠が無くなったのであれば、独自に声優紅白をやってしまえ!ということですね。

このアイデアの発案者は声優の中田譲治さん。業界の大御所がこんな素晴らしい提案をしています。

この提案は十分にアリかと思います。近年のアニメ・声優界はものすごくもりあがっていて、もうこれだけで十分な経済効果を出せる一つの巨大なマーケットになっています。

一般のテレビ視聴者よりも“お金を動かす”濃厚なファンがいるのです。

紅白歌合戦2018に水樹奈々が出演する可能性は?

View this post on Instagram

Mizuki Nana™さん(@nanamizuki)がシェアした投稿

2018年の紅白歌合戦ですが、水樹奈々さんの出演の可能性はかなり厳しいと言わざるを得ないのが現実です。

2015年の落選以降、紅白歌合戦自体から声優枠・アニソン枠撤廃の流れもあります。

2009年の初出場から2015年の落選というところまでまとめました。

2009年に初出場してから6年連続出演

水樹奈々さんは2009年に紅白歌合戦に初出場しています。

この当時のことは僕もよく覚えているのですが、とにかく興奮しました。

2009年といえば、まだアニメや声優というのはまだ“サブカル”扱いでした。いわゆる一部の“コア”なファンだけのものという世界だったのです。

ですが、『けいおん!』のヒット(水樹奈々さんは出演していません)などもあり、徐々にアニメが一般に浸透してきたのです。

そんな中でいきなりの水樹奈々さんの紅白歌合戦出場!これはアニメ・声優ファンとして胸が熱くなる瞬間でした。

当時水樹奈々さんが披露したのは『深愛』という曲。これはオリコン1位を獲得しています。

2015年に落選してから声優の出演は無くなる

水樹奈々さんが切り開いた紅白の声優枠。2015年には水樹奈々さんは落選し、ラブライブからの声優ユニット『μ’s(ミューズ)』が出演しています。

ただ、このμ’s以降、2016と2017年には声優枠はありません。

「μ’sでダメならまた水樹奈々さんの復活は?」という声も根強くありますが、現在のところこれといったヒット曲も無く、話題性も無いので水樹奈々さんの出演はかなり厳しいのが現実です。

まとめ

人気、歌唱力ともに抜群の水樹奈々さんをもってしても、紅白歌合戦からアニメ・声優枠が無くなるというのは止めようがない流れです。

2018年の今年も、アニメ・声優界は大きく盛り上がったのですが、紅白歌合戦という舞台に立つことは厳しいと思います。

ただ、紅白歌合戦に出なくても、より多くのファンがいるので全く問題ないと言えば問題ないと思いますが……。

そんなに紅白にこだわらなくてもいいかもしれません。

 

 

コメント