やりすぎ都市伝説プラスチックごみで人間が処理される?

ニュース

2018年11月9日放送の『やりすぎ都市伝説』では、プラスチックごみを分解する微生物の話が出ていました。

プラスチックの成分である「ペット」を分解する微生物「サカイエンシス」により、リサイクルが可能になるという明るいニュース。

ですが!このような微生物は人間には制御不能で、最終的に微生物によって分解されるのは人間の方では?

という恐ろしい結論が出されています。

ネットの反応

日本のチームが発見したサカイエンシス

プラスチックごみに含まれる成分「ポリエチレンテレフタレート(PET)」は、自然分解では何百年という気の遠くなるような時間がかかります。

 

このPETを分解するのが日本の研究チームが発見した「イデオネラ・サカイエンシス」です。

 

じつはこのサカイエンシスは2016年に大阪府堺市にあるゴミ処理場から発見されています。

 

この発見を受けて国際的に研究が本格化しています。

 

このままサカイエンシスが実用化の運びになれば、リサイクルの世界に大きな革命が起きます。

コメント