btsのtシャツ問題は反日の意味!誰がいつ着た?ブランドのデザイナー謝罪

BTS問題

BTSのメンバーのジミンが反日tシャツを着用して問題になっています。

tシャツには

  • Patriotism(愛国心)
  • Ourhistory(私達の歴史)
  • Liberation(自由)
  • Korea(韓国)

という政治的なメッセージが書かれていました。

btsの反日tシャツ問題!誰がいつ着た?

btsのメンバージミンが反日tシャツを数回にわたり着用したということで、問題になっています。

【1回目の着用】2017年3月19日

 

当時はワールドツアーの最中でした。このときはあまり話題にならなかったのですが、10月28日に韓国の『中央日報』が報道して話題になりました。

【2回目の着用】2017年3月29日

こちらもジミンさん。またも原爆tシャツを着用。

この時もワールドツアーの最中でした。

まだ問題になっていなかったので、同じツアーの最中に2度も着たということです。

btsの反日問題行動

原爆tシャツにとどまらず、btsは度々反日とも取れる行動を起こしています。

ユンギ「竹島でコンサートをする」

btsのメンバーのユンギは竹島でコンサートをすると発言。

韓国では独島と呼ばれていて、ユンギは「独島でコンサートする」とわざわざ非公式な韓国での呼び名で発言しています。

 

アイドルがここまで政治的に踏み込んだ発言をするのはまずいです。

この竹島の領土問題はかなりデリケート。

日本固有の領土であると主張する我々日本人に対し、韓国側はもともと韓国の領土であったと主張。

おおきな国際問題になっています。

RMの光復節(韓国の日本からの独立)を祝う発言

 

2013年にはメンバーのRMさんが

 

「歴史を忘れた民族には未来はない」

 

と発言。

この日が光復節であったことを考えると、日本へのメッセージであるとわかります。

 

過去に韓国を侵略した日本がその事実を忘れているようでは、この先は無い!という過激な発言。

ただ、日本による韓国侵略については、実はウソなのではないか?という見方もあります。

 

これまた政治的に非常にデリケートな問題ですので、アイドルの発言としてはよろしくないと思いますね。

この投稿はさすがにマズかったのか、削除されています。

 

慰安婦支援企業の製品を使う

このスマホケース。実は慰安婦を支援する企業の製品です。

「MARYMOND」というブランドのもので、これは反日企業として有名。慰安婦を支援しています。

 

このブランドの製品はbtsはデビュー当時からよく着用していて、そのたびにニュースになっています。

 

btsのメンバーがそのことを知らずに着用している可能性も高いですが、その周りの大人たちがしっかりとしないと大きな問題に発展するわけです。

btsの反日tシャツに対する海外の反応

海外でも日本よりの反応が見られます。

 

イギリスの反応は日本寄り?

イギリスのBBCは広島在住の日本人の声を掲載。

「私はBTSがミュージックステーションにでることを許さない」

というコメントを紹介しています。

 

またBBCは最近の徴用工問題に対しても、「すでに1965年の日韓合意で解決済み」と報道し、日本よりです。

アメリカは微妙?

アメリカのCNNは、

「原爆問題の認識の違いが大きな対立を呼んだ」

と紹介。特にどちらがわに味方するわけでもありません。

ただ、アメリカは原爆当事者という側面もあるので、あまり突っ込んだ発言はできないわけです。

 

韓国は激しく非難

「日本の難癖」

「極右メディア」

韓国メディアはこぞって、今回のMステ出演中止を批判しています。

 

10月中頃に東スポが原爆tシャツ問題を攻撃したことについてはかなり怒っている様子。

同時期には高須クリニックの高須克弥さんもこのtシャツ問題を非難していたのですが、東スポが一番目立ったのか、怒りの矛先になっています。

 

また中央日報はMステの出演見送りの対応に対して「日本メディアの難癖」と非難しました。

反日tシャツのブランドと価格は?デザイナーが謝罪?

「反日の意図はなかった」

反日tシャツのブランドのデザイナーが謝罪しています。

tシャツのブランドと価格は?ロゴの意味も

ブランド名:ourhitstory(私達の歴史)

価格:49,000ウォン(日本円:5,000円

tシャツの制作はLJカンパニーです。

tシャツには以下のような文字が

  • Patriotism(愛国心)
  • Ourhistory(私達の歴史)
  • Liberation(自由)
  • Korea(韓国)

これは完全に政治的な意味が強い。

デザイナーの謝罪内容は?

tシャツを制作したLJカンパニーのイ・グアンジェ代表は

「反日や日本への報復という意味はなかった」

「ミュージックステーションキャンセルを知ってとっても慌てた。反日感情を助長する気はなかった。BTSに申し訳ない」

とコメント。

BTSに申し訳ないと言っているだけで、日本国民への謝罪は無かったです。

コメント