岡田健史は中学聖日記での演技は下手?評判と感想

中学聖日記

TBS火曜10時枠でいきなりデビューというは荷がおもすぎた?

中学聖日記の岡田健史さんの演技は賛否分かれています。

業界関係者からは厳しい声がある中、一般の視聴者はその素朴な演技にメロメロです。

岡田健史の中学聖日記での演技を総括しました。

 

岡田健史の中学聖日記での演技の評価

  • 一般視聴者の岡田健史さんの演技への評価と感想は上々
  • 業界内での岡田健史さんの演技への評価は厳しめ……

一般視聴者の岡田健史の演技の感想と評価

中学聖日記放送当初こそ、演技下手じゃない?という声もありましたが、視聴者のみなさんはだいぶ馴染んできたようです。

「岡田健史くんがリアルすぎる」

「黒岩くんヤバイ!岡田健史さんは今後絶対に流行る!」

と、黒岩晶演じる岡田健史さんへの評価が高いです。

業界内での岡田健史の演技への評価

もう当然といえば当然かもしれませんが、業界内ではまだまだ演技には注文が多いです。

各ネットニュースなどを見ると、「岡田健史さんの所属事務所の社長のゴリ押し」だとか、「シンプルに顔が良いから」などと書かれ放題です。

 

確かに芸能界は厳しいのが当然。ドラマの演技だって、芝居の勉強と下積みをしてきたプロフェッショナルたちがやるものです。

岡田健史さんはまだこれがデビュー作なわけで、これからの伸びしろに期待です。

岡田健史はなぜ中学聖日記の主役に選ばれたのか?

ちゃんとオーディションをやったうえで役を勝ち取ったのが岡田健史さんです。

ただイケメンなだけとか話題性というだけで主役をはらせるのはあまりにもリスクがあるわけです。

岡田健史さんにもTBS火曜10時枠という人気枠で主役をはれる理由があるのです。

 

各メディアでは「岡田健史さんには特定の役のイメージが無いのがメリット」だと分析しています。

まずはシンプルに、特定のイメージがないからです。晶にしか見えない、ということが重要だったので

引用:人気急上昇!岡田健史「中学聖日記」抜擢の理由 – シネマトゥデイ”

これは最もらしい理由です。あの中学生の役をゴリゴリの演技派が演じてしまうと、違和感あると思うんですよね。

ドラマの進行に合わせて岡田健史さんの演技力が高まっていく様子と、演じる黒岩晶の成長が重なるのがグッとくる。

なんの色も付いていないというのは大きなメリットだというわけです。

 

また岡田健史さんの性格もスタッフには高評判。もともと高校野球をマジメに取り組んでいたのが良かったのか、かなり真っ直ぐな性格なのです。

野球と同じく、演技に対しても真摯に取り組んで大きく成長できるはずです。

コメント