岡田健史の演技についての評判感想まとめ

中学聖日記

ドラマ『中学聖日記』で大きく取り上げられた俳優の岡田健史(おかだけんし)さん。

岡田さんの演技の評判や感想についてのネット検索結果、ツイッター感想などをまとめました。

岡田健史の演技の評判は?下手?【ネット検索結果】

 まだまだ演技に慣れていない感が、どうしようもない初めての経験に戸惑う“晶”の役をどんどん魅力的にしていきそうです。

引用:岡田健史の中学聖日記の演技が上手い?黒岩晶がハマり役と話題に!”

このドラマがスタートするとき、晶という重要な役を、芸能界に入って間がなく、プロの俳優としてまだ演じたことのないまったくの新人が演じるということが話題となったし、岡田健史が中学生というには大人すぎるという声もあったのは確かだ。しかし、今になってみれば、あれだけの衝動をあれだけまっすぐな表情で演じることが、演技の経験だけではどうにもならないことのようにも思えてくるのだ。

引用:『獣になれない私たち』とは非常に対照的|Real Sound|リアルサウンド 映画部”

ネットでは、総じて「岡田健史さんの初々しく、飾らない演技が魅力的である」というコメントが多かったです。

 

正直この「初々しい岡田健史さん」については難しい部分があります。

ドラマ作品自体が「真っ直ぐな若者」を演じる必要があったので、かなり演技が強い俳優さんを使ってしまうと、ある種わざとらしい演技になってしまいがちです。

 

岡田健史さんはわざとらしい演技ができないがゆえに、自然になるので、それがしっかりとハマったというのがポイントかと思います。

特に主人公の黒岩晶という青年の役はこのナチュラルさが非常に重要でしたしね。

 

今後の岡田健史さんの演技がどのように変化していくのか?そこが注目ポイントではないでしょうか?

 

岡田健史の演技の評判と感想【ツイッター】

ツイッターの評判を総合すると、とにかく岡田健史さんの成長に感動する声が多かったです。

 

岡田健史さん自信も作品の中で成長していました。

主人公の黒岩晶の成長と岡田健史さんの演技の成長がオーバーラップして、より引き立ちました。

こう考えると、中学聖日記の主人公を演技経験の乏しい岡田健史さんが演じるという企画だけですでに勝利していたのかもしれないですね。

 

ツイッターでの岡田健史の演技への批判

ツイッターで「岡田健史 演技 下手」という感じで検索かけましたが、そういったツイートは見つからずでした。

わざわざツイッターで岡田健史さんの演技への批判をツイートする人はまだいないということですね。

 

これから芸能生活を積み上げていくと、ある程度アンチが増えてきますので、そうなったときに本当の評判がわかりそうです。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。