激レアさんを連れてきた!丸山龍也がすごすぎる!現在は?

スロバキア2部でプレー出来そうになったのだけど・・・やられた。話。 – 丸山龍也Official Blog

いや、何度見てもすごい話。

ホステルで出会った親切なセルビア人と仲良くなり、少しだけ練習参加をして信用し、嘘の移籍話でスロバキアに向かい、嘘の話をし続ける男とウィーンに来て、何枚も意味のない契約書や申請書にサインをし、嘘のビザの情報に人の大金を払い、彼の用意した南京錠で閉めたロッカーに全財産をいれ、信頼の証のカバンにはボロボロのパーカーが1着入っていただけだった。

引用:スロバキア2部でプレー出来そうになったのだけど・・・やられた。話。 – 丸山龍也Official Blog”

丸山龍也 プロフィール

  • 生年月日 1992年7月4日(26歳)
  • 出身地 神奈川県横浜市
  • 身長 174cm
  • 体重 68kg

所属クラブ

  • 1999年 – 2005年 日本の旗 横浜港北サッカークラブ
  • 2005年 – 2006年 日本の旗 横浜市立中川中学校サッカー部
  • 2006年 – 2007年 日本の旗 FC COJBジュニアユース
  • 2007年7月-9月 ブラジルの旗 クルービ・アトレチコ・ジョゼエンセ (留学)
  • 2008年 – 2010年 日本の旗 FC COJB
  • 2011年 – 2012年 日本の旗 アンソメット岩手・八幡平/アンソメット岩手
  • 2013年 日本の旗 ラインメール青森
  • 2014年 スリランカの旗 ニューヤングスFC
  • 2015年 – 2016年 リトアニアの旗 FKタウラス・タウラゲ

エピソード

2011年8月には天皇杯全日本サッカー選手権大会の予選にあたる岩手県サッカー選手権大会決勝でグルージャ盛岡と対戦したが、3人目の交代選手として出場した約1分後に危険行為により一発退場。既に10人での戦いを強いられてたアンソメットは9人となり敗れ、天皇杯本戦出場も逃した[4]。 渡欧中にセルビアで出会った代理人に詐欺を仕掛けられ、所持金を全て失ったことをブログで告白し話題になった。 2015年、宇都宮徹壱のメールマガジン「徹マガ」にアンバサダーとして就任[5]。同年、慶應義塾大学法学部を中退[6]。 テレビ朝日系列「激レアさんを連れてきた。」出演時に、メインキャストのオードリー若林正恭が「良い人生」「マルちゃんのファンになった」と絶賛した[7]。

引用:丸山龍也 – Wikipedia”

丸山龍也さんの現在は?

ひたすらにサッカーに愛を注ぎ続けてきた丸山龍也さん。

現在は、漫画出版をビジネスにしています。

「株式会社ワンディエゴ丸出版社」

ワンディエゴ丸出版社

 世界の手のひらへスマートフォンが行き渡った今、インターネットは確実に次の段階に進みました。
 それに伴い、今まで当たり前だったユーザーの消費行動は変わり、ファンとのコミュニケーション、制作者(クリエイター、エンジニア)の市場に対するアプローチは、さらなる変化を求められています。
 我々ワンディエゴ丸出版社はこの激動の時代をチャンスと捉え、ユーザーとファン、コンテンツを徹底的に理解することで、先鋭的なアイディアを実現させていく、そのための集団です。ニッポンが世界に誇るマンガのスペシャリストたちと手を取り合い、新しい体験をユーザーとファンの皆様へ届けることで、マンガマーケットの拡大をさらに加速させていきます。
「マンガ」「アニメ」が、音楽やスポーツと同じく世界の共通語となりつつある今、世界で愛されるマンガコンテンツの可能性をさらに追及し続けることを使命とし、私たちは日々邁進して参ります。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。