【ガングロ起業家】家冨万里のプロフィール、経歴がすごい!

岩手にセンター街を!元ガングロギャルの一念発起

渋谷のセンター街でガングロギャルとして過ごした家冨万里さん(32)。

東京都出身でありながら、現在は岩手県遠野市にカフェやスナックを立ち上げ、地域活性化に尽力しています。


NCL遠野事務局 家冨万里 インタビュー|Next Commons Lab 遠野|note

このとおり、元ガングロギャルであります。

大学卒業まで都内で暮らしていたのですが、2011年の東北大震災に衝撃を受け、岩手に移住。震災当時は機能がストップした東京に弱さを感じ、物流の出発点である地方へ興味が湧いたということです。


クラウドファンディングでも多くの人に支援される人望もあります。


元ガングロ。東北にセンター街をつくる! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

このとおり、クラウドファンディングでは目標の350万を達成しています。


東京出身でありながら地方創生に力を入れるという、地方の人にとってはありがたい若手起業家です。起業家という言葉が適当かどうかはちょっとわかりませんが、最もしっくりくるのかな?

家冨万里の過去

家冨万里さんは高校時代にはちょっと荒んだ?ような生活でした。

クラウドファンディングを募集する際のプロモーション動画がこちら。


元ガングロ。東北にセンター街をつくる! on Vimeo

個性が強かった家冨さんは、イジメにあったり、親とうまく行かなかったりした時期がありました。

そんな時に救ってくれたのがセンター街。自分が自分らしくいられる場所として、家冨さんはセンター街に通い詰めるようになりました。


学校もあまり行かなくなり、苦しい時期を過ごしたのですが、センター街での人との出会いが家冨さんの心を開きます。

センター街で培った人間の多様性や行動力で、現在は岩手県遠野市で活動をしています。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。