江原啓之と堀江貴文がバトル?その経緯とコメント

この記事は約2分で読めます。

ホリエモンこと、堀江貴文が江原敬之に言及。

「スピリチュアルとかよーわからん仕事しているやつよりマシと思うぜ 笑」

これは、この記事が発端。→
「1億円お年玉」の前澤友作社長に、江原啓之氏が憐れみのコメント|ニフティニュース

1月9日放送の「5時に夢中」で江原敬之さんが前澤友作社長に、『哀愁オーラが漂うから許してあげて』と哀れみのコメントをしたという一幕が切り取られたものです。


江原敬之さんの前澤友作社長を哀れむ態度に突っ込んだのがホリエモン。

スピリチュアルとか詐欺まがいのビジネスよりも前澤社長のほうがよっぽどマシだろ!という言い分です。

ただ、これはちょっと気になる部分もあって、そもそも江原敬之さんは前澤社長を批判するような意図はなかったと思います。


「ご自身が稼がれているお金だから、他人がとやかく言うのはまず筋違い」としながらも、「欲を言えば、できればチャリティとかそっちにしてくれたらいいと思うけど、余計なお世話ですよね。その人が稼いでいることなんだから」


「1億円お年玉」の前澤友作社長に、江原啓之氏が憐れみのコメント|ニフティニュース

前澤さんが稼いだカネなんだから、好きに使っていいでしょ!と江原敬之さんは主張しています。

さらに、番組後半の「哀愁オーラが漂うから許してあげて」というコメントは、前澤社長をバカにするというふうに切り取られていますが、単純に、めんどくさくなってテキトーに締めたのではないか?と思います。


ネット上ではまるで江原さんが「前澤友作かわいそう」みたいな報道されているのですが、バカにする意図はなかったのです。

これをホリエモンが過剰反応してしまったのかな?とおもっています。記事の見出しだけを見て、江原さんが前澤さんをバカにしているとおもったのでしょう。

ニュース



コブチャンコム

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。