中山雄太 PECズヴォレ移籍。その理由や移籍金、評価は?

ニュース

Jリーグの柏レイソル所属のDF中山雄太選手がオランダ1部のPECズヴォレに移籍することが決まりました。

中山雄太の移籍の理由は本田圭佑の兄?

移籍の理由ですが、まず、本人の強い欧州志向が考えられます。

現段階で中山雄太選手本人から移籍の理由は語られていないですが、今回の移籍は間違いなく、本人が模索し続けていたものと思います。

中山雄太選手の代理人は本田圭佑選手の兄、本田弘幸さんです。

本田選手もオランダのVVVフェンロから欧州キャリアをスタートしていることを考えると、中山雄太選手もそのコースを考えていることがわかります。

このまま欧州でのキャリアを継続できれば、間違いなく日本屈指のCBへと成長できるはずです。

ズヴォレへの移籍金

こちらは明かされていません。

ただ、柏レイソルとの契約が切れているとすれば移籍金は発生しません。

中山雄太の評価

中山雄太は現在21歳。

21歳の若い年齢からは想像できない老獪な守備をします。

また、左足の精度も抜群。CBでありながら、攻撃の組み立てに関われる、現代的なディフェンダーです。

ポジンションもCB以外にはボランチやサイドバックも可能で、守備面のユーティリティープレイヤーであると言えます。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。