熟年離婚後の生活で女性が失敗しないために

ニュース

熟年離婚が頭をよぎる。もうこれ以上自分の人生をムダにしたくない。

これは女性であれば誰しもが思うことです。家事マシーンとなってしまった自分の人生の主権を取り戻す良い手段であることは間違いないです。

ただ、考えてほしいのは離婚後の生活です。キラキラした部分だけでなく、困難な局面もあります。

この記事では、熟年離婚後の女性の体験談と、離婚後の生活を安定させるための考え方、方法をお伝えします。

熟年離婚後の生活【離婚して良かった女性】

熟年離婚後の生活で幸福を感じるには、特に経済的な支えが重要です。

2パターンの熟年離婚女性のエピソードをこれからご紹介しますが、2人とも経済的な支えをもったうえで離婚後の生活を楽しんでいます。

熟年離婚した女性の体験談

まず熟年離婚後の生活は離婚前の準備にかかっています。

しっかりと準備して、しかるべき経済力を身につけておけば、離婚後の生活は本当に楽しめます。

30年ず~と悩んできました。そのうえで離婚する!と決めたことですので、全く後悔はありません。

もちろん自分の子どもたちにも経済的な援助は要求していません。してもらっていません。

第2の人生、本当に楽しんでいます。

こちらは、52歳で離婚した女性の体験談です。

当サイトで、ネット上で熟年離婚経験のある女性から体験談を募集しました。

特に強調されてらっしゃるのが、「離婚前に経済的な用意をしっかりしておく」ということです。

この記事の後半でも、熟年離婚における経済的な問題と解決法について触れていますので御覧ください。→リンク

再婚で幸せになった

50歳で熟年離婚しました。

子供2人が自立したタイミングでの離婚です。

正直、ほとんど後先考えずに離婚したというのが本音です。離婚当初は経済的に困った時期もありました。

そんなおりに、バイト先の正社員の男性(48)と出会い意気投合し、結婚しました。

結婚経験の無い男性でしたが、それがかえって新鮮で、初々しい気持ちで結婚生活をおくっています。

熟年離婚して再婚なんて…っておもっていたのですが、子どもたちも後押ししてくれて、今では本当に幸せです。

熟年離婚からの再婚。という人生設計もありかな?とおもっています。

熟年離婚の末に運良く素敵な男性と出会って再婚したという女性です。

この方のように、誰しもが偶然素敵な男性と出会って再婚できるという保証はありませんが、一考の余地ありです。

熟年離婚後の生活で後悔した専業主婦の女性

当サイトで熟年離婚後の女性にアンケートを取る中で、「離婚を後悔している」という女性が何名かいました。

共通点は2点。

  • 経済的に苦しい
  • 老後の孤独感

この2つに悩まされる女性がいました。それぞれについてご紹介いたします。

経済的に苦しい

経済的な困窮にあえぐ熟年離婚後の女性では、特に専業主婦の方が多いです。

結婚前までは仕事をしていたのですが、30数年と続く結婚生活の果てに、すっかり仕事への復帰が苦しくなっていました。

老後で何かと体の不調が出たりして、病院にお金がかかり、さらには仕事の継続まで困難になるケースも。


「まだ元夫のことで気苦労していた頃の方が幸せだった」と漏らす人までいました。

経済的な目処が立つまでは、熟年離婚という選択肢は考えものだと思わせる結果でした。

老後の孤独感

熟年離婚後、最初こそ自由な生活を謳歌するのですが、次第に孤独感に襲われるようになります。

60歳で離婚してアパートぐらしをしている女性にインタビューできたのですが、先々の不安に悩まされているとのこと。

「子供たちも遠くに住んでいるし、誰に頼ることもできない。明らかに体が弱ってきているのを実感していて、このまま孤独死をしてしまうのか……」


インタビューしていて、その孤独感に打ちひしがれる様子は身につまされるものがありました。

特に多趣味な方であれば、自分のやりたいことに没頭できてこういった孤独感を感じずに済むのかもしれません。

熟年離婚後の生活は金銭面が重要

熟年離婚後、年齢もあいまって、社会的立場の弱い女性が直面するのが金銭面の問題。

ここでは、離婚前の動きが決め手となります。

子供にお金の苦労をかけた

熟年離婚したはいいものの、おもったより経済的に苦しくて、自分の息子夫婦に援助してもらったという人は少なくありません。

内心は申し訳ないと思いながらも、ろくな仕事が無い為にどうして援助が必要に……。

このように経済的な苦労を減らすために、離婚前の準備というのは重要です。

離婚後の財産分与について知る

まずは意識してほしいのですが、「夫の収入は妻が家庭を支えてくれたうえで成り立つ」という基本です。この考えにそって、財産分与は行われます。

熟年離婚で最適なタイミングは夫の退職金が入った直後です。

離婚時に行われる財産分与は、その時の財産を分け合うというものです。なので、退職金が入った直後に離婚をする夫婦は多いです。


また、退職金の支払いが確実視される場合であれば、実際に退職金を受け取る前に離婚して、その後財産分与というケースもあります。

退職間近の男性であれば、ほぼ確実に退職金が出ますので、退職金を使い込む前に離婚と財産分与を確定させておくというのがいいです。

まとめ

財産分与というのが熟年離婚における重要なキーワードです。

男性が稼ぐことができるのはひとえに女性の支えがあってのことなのです。

熟年離婚後の女性生活を満喫するためには、離婚前の財産管理を抜かりなく行いましょう。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。