家売るオンナの逆襲3話 松田翔太と千葉雄大のBLシーン

家売るオンナの逆襲

1月23日放送の『家売るオンナ』の逆襲。

3話目となりましたが、相変わらず松田翔太さんと千葉雄大さんのBLシーンが話題になっています。

3話のBLシーンについて記事にしました!

3話の松田翔太と千葉雄大のBLシーン

3話目でも絶賛BL!千葉雄大さんと松田翔太さんのカップルの行方が気になる……。

家売るオンナの逆襲3話のあらすじ【ネタバレ】

屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)は、なぜか万智(北川景子)の過去を知る留守堂(松田翔太)の存在に心を乱される…。そんな中、新宿営業所では庭野が家を売った客がゲイだったことからLGBTが話題に上がる。

3話のテーマはLGBT。

一方、女性二人組の担当客に内見案内をしていた足立(千葉雄大)は、バスルームでキスを交わす二人を目撃!二人がレズビアンであることを知った売主に販売を拒否されてしまう。別の物件を探す足立だが、万智は自分が家を売ると横取りを宣言!ストレスを抱える足立は留守堂を頼り…。

千葉雄大さんと松田翔太さんのBLが話題になっていましたが、3話目ではレズビアンもテーマになっています。

家売るオンナの逆襲。いろんな意味で攻めてますね。

一方庭野は、夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美(佐藤仁美)を担当する。家探しを一任されていると話す真奈美だが、万智はなぜか会社帰りの真奈美の夫・剛史(池田鉄洋)を尾行し、あるアパートへ。そこで万智と庭野が見たのは、なんと女物の着物を着た剛史…!剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも男性として生きてきたトランスジェンダーだったのだ。

また、性同一性障害の男性も登場。

夫の変化を受け入れられない真奈美は、家を買うことで家族をつなぎとめようとしていたのだが…。出口の見えない夫婦関係に、万智が驚きの家哲学を提案する…!?そして、万智に忍び寄る留守堂もまた、意外な方法で家を売ろうとしていた…!!

性同一性障害に悩む夫を救うために家を買う。この家売るオンナがどれだけLGBT問題に立ち向かえるかが3話目の見どころですね!

家売るオンナの逆襲3話の 感想

【全ての愛を受け入れる家とは!?】「家売るオンナの逆襲」第3話60秒PR。トランスジェンダー、レズビアン…様々なワケあり客!1月23日(水)よる10時!

家売るオンナの逆襲の見逃し配信

家売るオンナ逆襲の見逃し配信はこちら

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。