京都タクシードライバーの事件簿 主演の違い【内藤剛志と渡瀬恒彦】

ニュース
この記事は約2分で読めます。

2月4日放送の『京都タクシードライバーの事件簿』。

こちらは主演が内藤剛志さんとなっていますが、以前主演だった渡瀬恒彦さんのものとは違います。

ちなみに、渡瀬恒彦さんの場合は『タクシードライバーの推理日誌』というタイトルです。

内藤剛志さん主演の場合は「京都」がつくのですね。

京都タクシードライバーの事件簿とはどういう作品?

タクシードライバーの主人公(内藤剛志)が、事件を解決するサスペンスもの。

車種が違う

  • 渡瀬恒彦さん・・・マツダ・ルーチェ→トヨタ・クラウン→クラウン・コンフォート
  • 内藤剛志さん・・・プリウスα(ワゴン)

このような車種の違いがあります。

渡瀬恒彦亡き後の内藤剛志

渡瀬恒彦さんは2017年3月14日に亡くなっています。胆のうがんによる多臓器不全でした。

この渡瀬さん亡き後は内藤剛志さんがタクシードライバーとして後を継ぐというイメージです。

 

作品名は違うものの、人の良いタクシードライバーが事件を解決するというスタンスにおいては、後継者と言ってもいいでしょう。

内藤さんはどちらかというと、硬派な武闘派警察というイメージがあったのですが、こういう温厚なタクシードライバーというのもありだなと思いました。

ニュース



コブチャンコム

コメント

  1. 渡瀬さんのは「タクシードライバーの推理日誌」です。

    • ありがとうございます。
      さっそく修正いたしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。