栗原勇一郎は懲役何年?死刑の可能性は?

ニュース
この記事は約3分で読めます。

千葉県野田市で起きた小学4年生の女の子、栗原心愛ちゃんの虐待死事件。

この犯人であり、父親でもある栗原勇一郎容疑者には重い刑罰があるのでしょうか?

懲役なのか?死刑もあるのか?日本国内の過去の事例と、アメリカで起きた虐待死への死刑判決事例を見ながら、刑罰を予想しました。

過去の事例から懲役何年か予想

過去の虐待死の事例を見ると、懲役10年前後と予想しています。

  1. 育児放棄で懲役3年
  2. 5才児を育児放棄で死亡。懲役12年
  3. 生後8ヶ月を虐待死。懲役7年

この3つの事例を見ると、虐待で死亡させると懲役10年ほどが予想できます。

それぞれの事件の詳細をまとめました。

1988年の巣鴨子供置き去り事件

5人の子供をアパートに置き去りにした事件。

父親は蒸発し、子供の面倒を見きれなくなった母親がアパートに5人の子供を放置しました。

お金などは送っていたようですが、完全なる育児放棄状態でした。

母親が保護責任者遺棄致死の罪で逮捕・起訴され、「懲役3年、執行猶予4年」の有罪判決。


巣鴨子供置き去り事件 – Wikipedia

5歳児を育児放棄して死亡。懲役12年

神奈川県厚木市のアパートで当時5歳の長男を放置して虐待死させたとして、殺人罪などに問われた元トラック運転手、斎藤幸裕被告(38)の控訴審判決で、東京高裁は13日、懲役19年とした裁判員裁判の1審・横浜地裁判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。


男児放置死:殺人適用せず、父に懲役12年判決…東京高裁 – 毎日新聞

1審で懲役19年だったのに、2審の高裁では12年に減刑されています。

死ぬという認識がなかったという理由のようですが、命が亡くなっている事実に変わりはないです。なぜ減刑なのか・・・。

生後8ヶ月の虐待死で懲役7年

2014年、生後8カ月の長男が頭などに暴行を受け死亡した事件で、傷害致死の罪に問われた市原市東国分寺台、父親で会社員、内田翔大被告(25)の裁判員裁判の判決公判が16日、千葉地裁で開かれ、吉村典晃裁判長は「抵抗できない乳児に危険な暴行を加えた」として、懲役7年(求刑・同9年)を言い渡した。


【速報】<市原乳児虐待死>父親に懲役7年 地裁「自己中心的で極めて身勝手」 | 千葉日報オンライン

生後8ヶ月の赤ちゃんの泣き声に耐えかねて、暴行を繰り返して死亡させています。それでも懲役7年。

さらには罪を元妻や周囲の環境のせいにして、反省の色は全くなかったというのです。

これでいいのか・・・?。

アメリカでは虐待で死刑も

アメリカのカリフォルニアでは8歳の子供の虐待死に対して、死刑が言い渡されています。

2017年3月8日、裁判官はアギーレを「純粋な悪」と痛烈に非難し、死刑を言い渡した。


純粋な鬼畜による残酷な虐待 : 世界の猟奇殺人者

2017年に決まった判決です。虐待に対して、アメリカ社会は厳しい態度をとっていることが分かる判決となっています。

この虐待をしたのは38歳のイサウロ・アギーレ容疑者。

アギーレ容疑者は、パール・フェルナンデスという女性と再婚。このパールの連れ子の1人、ガブリエル(8歳)を8ヶ月に及ぶ凄惨な虐待の末に殺害しています。

 

母親のパールは知能が低いということを理由に情状酌量で刑罰はナシでしたが、アギーレに関しては死刑が言い渡されました。

栗原勇一郎はどうなる?

日本国内の虐待事件と、アメリカの事例を見ましたが、懲役10年程度が妥当な線であると予想しています。

10歳の女の子を酷い目にあわせて10年で出てくるのか?というのが正直な感情ですが、現状の国内の事例を見るとそのあたりが妥当かと・・・。 

 

ただ、国際的に日本国内の虐待事件が問題になってきている部分もあり、厳しい態度を取らないと、日本の司法が疑われる可能性もあります。

最近は国連でも、日本の虐待に目を向けているので、そういう意味では追い風でもあります。

 

いずれにせよ、今後こういうことがないように、厳しい量刑を望みます。

ニュース



コブチャンコム

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。