佐山聡の息子は江東区のプロバスケ選手。【初代タイガーマスクの息子】

佐山聡の息子

初代タイガーマスクの佐山聡さん。息子である佐山聖斗さんは江東区のプロバスケットボールチーム「江東フェニックス」の選手です。

佐山聖斗の現在

  • 生年月日 : 1990/9/10
  • 出身 : 東京都
  • 身長 : 179cm
  • 体重 : 98kg
  • 経歴 : 和光学園高校 - 東海大学 - 平塚Connections - LIBERTY TOKYO

佐山聖斗さんは現在は東京は江東区のプロバスケットボールチーム「江東フェニックス」に所属しています。

この江東フェニックスは、3on3を主体にしたチームのようです。公式サイト

3on3における日本人のポテンシャルの高さを知らしめ、普及させるべくプロ化したチームで、各種大会に参加し勢力的に活動しています。

フェイスブックで公開されているプロフィール

まずはこちらが佐山聖斗さんのフェイスブック。→佐山聖斗のフェイスブック

自己紹介欄には、

広告代理店営業をしながら3on3のプロバスケットボールチームKOTO.PHOENIXI(江東フェニックス)で活躍されていることが書かれています。

高校は和光高等学校、大学は東海大学出身ということも公開されています。

バスケットボールの腕前は?

腕前はかなりレベルが高いと思われます。

そもそも、3on3のチームに所属してプロを目指すというあたり、並の能力では難しいでしょう。

こちらがプレー中の動画。

目を引くのはこの肉体。179センチでありながら98キロの体重をほこります。このあたりは父親の佐山聡さんの遺伝子といえるでしょう。

過去のバスケットボール経歴についてはこちら。

所属する江東フェニックスとは?

江東フェニックスは3on3(3対3で行うバスケットボール)のプロチーム。

3on3は現状は世界規模のリーグ、「3×3.EXE PREMIER」がありますが、江東フェニックスはこのリーグの関東北カンファレンスに所属しています。

今までは日本国内6カンファレンスの36チームだったのですが、2019年から韓国、タイ、ニュージーランドも含めて、4カ国12カンファレンスの72チームに拡大しています。

規模感で言えば、世界最大のリーグと言えるでしょう。

ちなみに、アメリカでも3on3のリーグ「BIG3」があります。おそらくこれこそが、純粋な実力で世界最高のリーグでしょう。

佐山聖斗の経歴

  • 世田谷区代表
  • 東京都大会優勝
  • (世田谷区代表として)
  • 和光学園高等学校
  • 東京都Jrオールスター選出
  • Jr東京選抜西軍代表
  • 東京都代表選抜
  • 全国ベスト8
  • (東京代表として)
  • 東京都大会優勝
  • 関東大会選出
  • 東京支部選抜代表
  • 4支部大会優勝
  • 東海大学
  • 神奈川県優秀選手賞PF部門
  • (4年時)
  • 2012-2013 インカレ優勝
  • RBC東京
  • 千葉ジェッツネクスト
  • 平塚Connections
  • Inherited平塚
  • TeamDADA
  • KOTO.Phoenix (プロ3×3リーグ)2018/4/1〜

いつからバスケをしていた?

佐山聖斗さんの経歴を見ると、少なくとも中学時代にはすでにバスケットボールをしていたことが伺えます。

経歴の中の東京都Jrオールスターというのは、中学生カテゴリーの大会です。

というか、中学時代に東京都のオールスターに選ばれるのであれば、間違いなく小学校時代からバスケをしていないと無理だと思います。

格闘技経験はあるのか?

基本的にプロフィールを洗っても、バスケの話がメインとなっていて、格闘技による入賞などの経歴は見当たりません。

もしかしたら、父親の手ほどきで少しはかじったことがあるかもしれません。

ただ、純粋にバスケの実力が高いところをみれば、本格的に格闘技に傾倒したことはないと思われます。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。