低出生体重児の原因

低出生体重児
この記事は約1分で読めます。

低出生体重児の原因としては、早産、子宮内発育障害が挙げられます。

早産

妊娠22週から妊娠37週未満で出生することを「早産」と呼びます

子宮内発育障害

何かしらの原因があることで子宮内における赤ちゃんの正常な成長が妨げられることがあります。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。