子どもの失明原因1位、増える「未熟児網膜症」

低出生体重児
この記事は約1分で読めます。

近年の医療の進歩により、低出生体重児や未熟児の保育がかなり安全になりました。

ただ、こんな状況だからこそ新しい問題がクローズアップされています。

それが未熟児網膜症。

増加する未熟児網膜症

早産で生まれて出生体重が小さい赤ちゃんに発症する目の病気「未熟児網膜症」が増加しています。


子どもの失明原因1位、増える「未熟児網膜症」 | 開眼!ヘルシーアイ講座 | 栗原俊英 | 毎日新聞「医療プレミア」

早産、お母さんのお腹で十分に成長できずに生まれた子供に特有の未熟児網膜症。

未熟児網膜症とは、何らかの原因により網膜の血管が正常に作られなくなることで、酸素や血液を届けようとして血管新生(新しい血管がつくられること)をおこす、もしくは組織が異常な方向へ増殖した状態のことです。


未熟児網膜症とはー赤ちゃんの視力低下や失明の原因になる | メディカルノート

十分な発育ができずに、網膜への血管に異常が見られる状態です。

治療

一般的にレーザーによる治療がメインとなっています。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。