巨大タランチュラの大きさと危険度

ニュース

30センチ超え。

噛まれると怪我をするが、そこまで毒性は強くない。

巨大タランチュラ、「ゴライアスバードイーター」

ゴライアスバードイーターというタランチュラの一種が世界で最も大きいクモであると言われています。

毒性は無い

毒性がそこまで強くないというのが意外ですが、噛まれるとそれなりに怪我をするということです。

30センチを超える大きさになるので、アゴも発達していて、小型犬に噛まれるレベルの怪我をするというのです。

攻撃的な性格

バードイーターという名の通り、完全なる肉食。しかも攻撃的な性格をしているということです。

こちらはヘビとタランチュラのバトル動画。

ヘビにすばやく飛びついて噛み付いているのが見えます。

ヘビも毒性のある生き物で怖いイメージですが、タランチュラはその上を行く運動能力で的確にヘビを捉えています。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。