森山加代子 死去!死因の大腸がんはいつから?

ニュース
この記事は約1分で読めます。

今まで森山加代子さんが大腸ガンであるという報道はなかったです。突然、死去が発表されています。

昨年2月に大腸がんが発覚

2018年2月に体調不良を訴えた森山加代子さんは、病院で診察を受けると、大腸がんであることが発覚しました。

それからおよそ1年。闘病生活の末に3月6日に亡くなります。78歳でした。

 

ガンの発覚から1年の闘病ということですから、すでに転移が見られていた。つまり末期がんだったのではないか?と推測します。

初期症状も報道では体調不良をされていますが、森山加代子さん自身が公式に病気の詳しい情報を発信していたという事実はありません。

闘病生活自体も全くのシークレットなものだったのです。

葬儀も、日時や場所は明かされず、近親者のみで行うと発表されています。

今までに病気をしたという報道はなかった

昨年2月の体調不良から、今年の死去に至るまでに、森山加代子さんの病状を知らせる報道はなかったです。

突然亡くなった。という感じです。

 

また、今回の大腸ガン以外にもこれまでに病気をしたことはあったのか?と調べてみましたが、大きな病気は見当たりません。

今まで健康体で頑張ってこられたのですが、ここにきて無念の大腸がんだったという形です。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。