ダルビッシュ 大荒れ!成績とチームメイト、監督、ファンの反応。援護はなかったのか?

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約2分で読めます。

メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有投手(33)が22日のカージナルス戦で今季8敗目を喫しました。

先発で投げるも、リリーフ陣がボロボロのため再度9回から登板。しかし、9回で7安打3失点という結果でした。

この試合は12奪三振という圧巻のパフォーマンスでした。

ダルビッシュ投手の所属するカブスは2-3で敗北しています。

ダルビッシュ投手もこの成績にはかなり苛立ちを隠せない様子。自らの用具はロッカールームに散乱。ネームプレートにもスパイクの跡をつけるぐらいに荒れています。

正直、12奪三振で負けるというのはちょっとわからない・・・。

スポンサーリンク

試合の動画

スポンサーリンク

打線の援護がないのが気になる

ファンもダルビッシュ投手への援護が弱いことに言及。

カブスのマドン監督も「最高レベルの投球だった。もっといい結果になってしかるべき」と見解を示しています。

スポンサーリンク

不調のキンブレルがダルビッシュの負担に?

カブスには47億円のスーパー投手のクレイグ・キンブレル投手(31)がいます。

ダルビッシュ投手にもナックルボールの握りを教えたりと、実力は間違いないです。

ただし、ここのところキンブレルは調子が良くないです。

打たれたヒット21本中の9本がホームランという状況。カブスにとっては頭の痛い問題であります。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました