ガンゴパダヤイ久美子について【久美子ハウス】【wiki】 【フェイスブック】【世界ナゼそこに日本人】

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約2分で読めます。

[ad]

久美子の家(くみこのいえ)は、インドバラナシにあるバックパッカー向けのゲストハウス。「クミコハウス」とも呼ばれる

https://ja.wikipedia.org/wiki/久美子の家

1977年頃に26歳でインド人と結婚し、インドに渡ったガンゴパダヤイ久美子が、1982年頃にバラナシのガンジス川に面する3階建ての自宅を改修し、安宿として開業。現在も一泊100ルピーの安価な相部屋のゲストハウスとして国内外のバックパッカーに知られた存在。1990年代には最盛期を迎え、一晩に60名ほどの日本人宿泊客があったが、2017年現在では日本人客は激減し、各国合わせても一晩10名ほどの宿泊客にとどまり、中国人や韓国人が多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/久美子の家
スポンサーリンク

久美子ハウスのフェイスブックページ

Kumiko House
Kumiko House、ヴァーラーナシー - 「いいね!」198件 - Home for backpackers visiting to Varanasi
https://www.facebook.com/kumikonoeeye/photos/rpp.202461536596361/501081643401014/?type=3&theater
https://www.facebook.com/kumikonoeeye/photos/rpp.202461536596361/1174340289408476/?type=3&theater

[ad]

https://www.facebook.com/kumikonoeeye/photos/rpp.202461536596361/1174340289408476/?type=3&theater

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました