巨人が契約するドーム社のサプリメントは何?禁止薬物入りでドーピングの恐れ

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約2分で読めます。

プロ野球の巨人の選手が禁止薬物入のサプリメントを服用した恐れがあります。

スポンサーリンク

対象製品はアイアンSP

それがこちらのアイアンSP。すでにドーム社より公式のプレスリリースが出ています。

DNS「アイアンSP」よりWADA禁止物質検出のご報告

https://www.dnszone.jp/news/2019/0925-001.php?fbclid=IwAR3aOEKUBbvJLOLCmJBLJcms6pKzmTiCLzANU1HA2pQ-bpR3MpX-Mg_gTGY

この禁止物質は当該商品には本来含まれていない成分です。当該商品の製造されたラインに残存していた禁止物質が混入した可能性があり、原因究明を進めております。

DNS「アイアンSP」よりWADA禁止物質検出のご報告

製造過程で、その他製品の禁止薬物が混入してしまった可能性があるとのことです。

スポンサーリンク

入ったのはごく少量

ただし、検出量はほんとうに少ないです。

禁止物質の正確な混入量については現在調査中ですが、推定混入量からすると「スポーツにおけるサプリメントの製品情報公開の枠組みに関するガイドライン」が定める製品分析上の検出限界(100ナノグラム/グラム)以下、または検出限界程度であり、極めて微量です。

DNS「アイアンSP」よりWADA禁止物質検出のご報告
スポンサーリンク

ドーピング検査で引っかからないレベル

また、ドーピング検査で引っかかる可能性もかなり低いとのこと。

ドームとしてはドーピング検査で陽性反応が出る可能性は極めて低いと考えております。が、ドーピング検査を受ける可能性のあるアスリートの皆様には念のため今後の摂取はお控えいただきますよう、お願いいたします。

DNS「アイアンSP」よりWADA禁止物質検出のご報告
スポンサーリンク

対象となった禁止薬物

  • DHEA
  • 5(6)-androstane-3b,17b-diol
  • 5-androstane-3b, 17a-diol(※WADAが禁止物質に準ずるものとして指定)
スポンサーリンク

ドーム社について

ドーム社というのは日本アンダーアーマーのことです。巨人のユニフォームのサプライヤーでもありますね。

スポンサーリンク

他球団の選手も契約している

以下にドーム社と契約している選手をピックアップ。

巨人だけでなく、多くの選手がドームと契約しています。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました