なんとかペイのおすすめはメルペイ。メリットとデメリット

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約2分で読めます。

さまざまなキャッシュレスサービスがある中で、私は「メルペイ」をオススメいたします。

実際に、私が使うお店は、

  • マクドナルド
  • 薬王堂
  • ファミマ
  • ローソン
  • セブンイレブン

このあたりなのですが、これらどのお店でもメルペイを使えます。

スポンサーリンク

友達を招待で1000円分のポイントゲット

ちなみに、以下のURLから登録いただけますと、1000pのポイントが無料で付与されますのでどうぞ!招待コード「UHGGFD」を入れるのをお忘れなく!

すすメルペイ友達招待キャンペーン
10月3日までにメルペイで招待コードを入れて、はじめて本人確認を完了すると1,000円分のポイントがもらえるよ!さらに、友達を招待するごとにポイントをもらって最大1億円分のポイントをGETしよう!

ちなみに、登録していただけますと、私にも1000P入ってきますので、よろしくお願いします。笑

スポンサーリンク

還元されたポイントをすぐに確認できる

 10月から始まったキャッシュレス決済。 店舗によりますが、2~5%ほどのポイント還元が行われています。

メルペイの場合ですと、チャージ金額に5%ぶんのお金が追加されます。

メルペイアプリ内では、お金はあくまで「ポイント」という名前で扱われています。このポイントは1ポイント=1円です。

キャッシュレス還元対象のお店で買い物するたびに5%のポイントが戻ってきて、メルペイにチャージされる仕組みです。

なので、還元されたポイントはすぐに手元で確認できるので安心です。使うときもそのまま使えますから。

スポンサーリンク

マクドナルドではiD決済にしよう

メルペイは基本的には、スマホ画面にコードを出してそれを読み取ってもらうことで決済が完了するアプリです。

ですが、このメルペイのコード決済はマクドナルドでは対応していません。

マクドナルドでメルペイのチャージポイントを使う場合は、iD決済が必要となります。

このiDは、Androidの場合は「おサイフケータイ」、iPhoneの場合は「Apple Pay」の事をさします。

iDのお金の出どころをメルペイにしておくことで、マクドナルドでもメルペイにチャージされているポイントが使えるのです。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました