ジェイミー・リッチーと田村優がツイッターで互いを称え合う

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約3分で読めます。

10月13日に死闘を繰り広げたラグビー日本代表とスコットランド代表。

試合の最中には、スコットランドの7番のジェイミー・リッチー選手と日本の10番田村優選手が組み合いになる乱闘に近い騒ぎが起こりました。

10月14日、田村選手がジェイミー・リッチー選手にツイッターを介して、お互いの健闘を称え合うメッセージを送っています。

スポンサーリンク

謝罪する田村選手

簡単に訳すると、「昨日のゲームはありがとう。ちょっとした乱闘について謝罪するよ」

この田村選手のツイートに対してジェイミー・リッチー選手は以下のように返しています。

「あなたも素晴らしいプレーをした、すでにわだかまりは無いよ。南アフリカでのベストを祈っている」

さすがラグビー。ノーサイドの精神とはこの事でしょう。

スポンサーリンク

試合直後にジェイミー・リッチーに日本刀を渡していた

実は日本代表は試合直後にジェイミー・リッチー選手に日本刀(さすがにレプリカでしょう)を記念品として贈呈していました。

このコメントをGoogle翻訳すると以下のとおりです。

昨夜の厳しい戦い。 結果に不満を抱き、家に帰るつもりだったが、我々はそれをすべて残したが、日本へのフェアプレーは彼らがより良い側であった。 @japan_rugby boysからこの剣を差し出されたことは本当に謙虚でした。 私たちはピッチで戦争に行きますが、最後のホイッスルが鳴ったときは敬意しかありません。 日本は素晴らしいホストであり、SAに対して彼らが最高であることを願っています。 このWCは信じられないほどの経験でした。 すべてのサポートに感謝します

Jamie RitchieさんはInstagramを利用しています:「Tough battle out there last night. Gutted with the result and to be heading home but we left it all out there but fair play to Japan they…」

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました