燐光(りんこう)する霊性(れいせい) ―布と風、残響(ざんきょう)する軀(むくろ)と機械。落合陽一作品展のタイトルが難解なので調べてみた

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

燐光(りんこう)する霊性(れいせい) ―布と風、残響(ざんきょう)する軀(むくろ)と機械(きかい)。

パッと見、全く意味がわからないので、意味を辞書で調べました。

燐光(りんこう、phosphorescence)とは、かつては腐敗した生物などから生じた黄リン(白リン)が空気中で酸化する際の青白い光(発火点は約60度)を指した。現在では物質が光を発する現象、またはその発する光の全般を指す。

燐光 – Wikipedia

霊性(れいせい、れいしょう[1])は、非常にすぐれた性質や超人的な力能をもつ不思議な性質[1]、天賦の聡明さ[2]といった意味の漢語であり、肉体に対する霊[1][注釈 1]の意味でも用いられる。

Wikipedia 霊性

躯(むくろ)、死体のこと

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました